若狭歴史博物館と1000本の手を持つ仏像

これが京都にあれば高い拝観料を払って人混みでごった返す中を、遠巻きに眺めなくちゃいけないんだろうな。福井県若狭地方(小浜市や若狭町)で仏像を見ると、京都の仏像が気の毒になります。

滋賀県長浜市の仏像は有名になりましたが若狭の仏像も素晴らしいですよ。その中でも、小浜市にある若狭歴史博物館の仏像展示はお気に入り。去年も行きました。半分は復刻像ですが半分は本物の千年前の仏像を生で間近で見ることができます。しかも入館料たったの300円。数は少ないものの、千年という時間を肌で感じる貴重な機会です。

個人的には人が少なくてゆっくりいくらでも見ていられるのはありがたいことですけど、博物館としてはもう少しお客さんに来てほしいでしょうね。内容から見てもったいない。

今回は妙楽寺の千手観音も見てきました。本当に千本の手があるんです(普通は42本)。手を千本作ることを想像すると気が遠くなります…が、それを作り終える頃には「手」作りのスペシャリストになっていそう。
妙楽寺千手観音

それぞれの手に持つ物にも意味があるそうで。これは妙楽寺に展示されていたもの。
妙楽寺千手観音持物

最近、太陽に向かって写真を撮ると光がきれいに写ると分かり、こんな写真ばかり撮っています。門の向こうの景色がきらきらしてとってもきれいだったので。
妙楽寺門

ついうっかり妙楽寺の観音様方に「手が治って仏像を存分に彫れますように」とお願いしてしまったため、治ったらお礼参りに伺わなければいけません。普段は寺社でお願いごとなんてしないんですけどね、ついうっかり(笑い)。来年また行けますように。

まぶたに浮かぶその顔は

2019年4月8日 [CAT仏像彫刻周辺の話] [要素:, , ]

去年くらいから、ふとした瞬間にある仏さんの顔が目に浮かぶようになりまして。

手は頬の辺り。にこやかに微笑んでいます。その微笑みはまばゆく光を放っています。観音さまだよねぇ。これ、誰?

トーハクで大法恩寺展を見た時、最後の部屋で如意輪観音を見つけて「これか?」と思いました。すごく好きな顔立ちで微笑んでいたのですけどね、近い感じだけどこれじゃない。

その後、京都・広隆寺の弥勒菩薩を写真で見て「うーん、すごく近い!でもなんかちょっと違う」と思いました。「あれは誰だったんだろう?」と思いつつ過ごすこと数ヶ月。ついに見つけました。

広隆寺弥勒菩薩半跏像

広隆寺 弥勒菩薩 Wikipediaより拝借

奈良・中宮寺の菩薩半跏像です。弥勒菩薩とそっくりだけどちょっと違う。これです。この顔。

中宮寺半跏像

中宮寺より拝借 菩薩半跏像

意外だったのは宇宙人型だったこと(仏像好きの皆さんごめんなさい)。私、この古い時代の仏像は形があまり好きじゃないのです。広隆寺の弥勒も、世間では人気があるみたいだけどちょっと苦手でした。ひょろっとしてて。やっぱり運慶以降のあのふっくらした感じが好き。なのに何でこれ???でもこれなんですよ。この顔。この微笑み。この表情は好き。

中宮寺もこの菩薩半跏像も知らなかったのだけどたまたま見つけました。手が完全に動くようになったら、瑠璃観音の光背を作り終えたら、この仏さんを作ります。

久能山東照宮で竹のワークショップ

2018年8月22日 [CAT雑記] [要素:, , ]

展示会帰りに寄ったスーパーで見つけました。久能山で面白そうなことやってたんですね。駿河竹千筋細工展のワークショップと、竹で灯篭を作って火を灯すイベントのようです。

主催の詳細ページはこちら。
日本平ロープウェイ 2018年夏休みイベント

修善寺(地名)の修禅寺(寺名)で仏像彫刻

弘法大師・空海 縁のお寺で仏さまを彫れるそうです。趣ある場所で彫れるっていいなぁ。初めての人向けに3時間で完成するものから本格的な仏像まで、各自作りたいものに対応してもらえるとの事。仏師の先生なんですね。英語も対応可能だって。

仏像彫刻教室
【開催日時】毎月第2・第4土曜日 13時~16時
【会場】修禅寺 旧庫裡(〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺964)
※旧庫裡の場所がわからない場合は『修禅寺受付』にてお尋ねください。
【アクセス】伊豆箱根鉄道修善寺駅~修善寺温泉行バス 終点下車~徒歩3分
【受講料】1回3,000円
(別途お布施として100円を賽銭箱にお願いいたします)
彫刻材:500円
教本代:2,600円
彫刻刀(下記よりお選びください)
・お手軽彫刻刀7本セット 1,700円
・お手軽彫刻刀7本セット(レンタル)500円
・彫刻刀8本セット 17,000円
※既にお持ちのものがあればお使いいただけます。
【持ち物】鉛筆、消しゴム、定規、はさみ
【申し込み方法】開催日の1週間前までに参加・購入材料等の連絡をしてください。
【申し込み・問い合わせ先】山崎仁 電話090-4360-6203

伊豆市って言われてもピンとこなくて修善寺の方がいまだに理解しやすい(^^;
彫刻刀レンタルがあるっていいですね。修禅寺以外にも、伊豆近辺や神奈川県のお寺さんなんかで同様のワークショップが開催されている様子。

千年の時間

2018年5月11日 [CAT雑記] [要素:, ]

先に書いた若狭歴史博物館から数kmの所に若狭姫神社があります。そこに樹齢1000年の杉があるのですよ。博物館の仏像と同じ時代に命を宿した杉が、共に今も存在しています。

今から千年後という時間を私は想像できないけれども、昔の人たちは先のためより今この瞬間に必要で大事な物としてそれらを大切にしてきたのでしょう。その結果、1000年後に遺された宝となりました。

千年杉の存在感たるや、驚きです。長生きというのはそれだけで神聖な何かを醸し出すのでしょうか。屋久杉は見たことないけど同じような感じなのかなと思いました。
若狭姫神社

杉の隣には社が建てられ、神様(豊玉姫命)が祀られています。その社の扉が今にも開いて神様が階段を降りてきそうで、何だかドキドキしました。普段はあまり神仏の存在を意識したことはないのですが、ここには本当に神様が在られるのだなと感じた次第。

この神社に湧き出る水の水源が奈良・東大寺でお水取りに使われる水と地下水流でつながっているのだそうです。何とも壮大なお話で。若狭姫神社・若狭彦神社・若狭神宮寺の3社で汲んだ水を鵜の瀬というポイントへ流すと厄落としになるそうです。