適材適所で

2019年10月15日 [CAT小地蔵さん] [要素:, ]

小地蔵さんって、彫刻初心者が作り方を教えてもらいながら木彫の基礎を学ぶのにちょうど良い教材だと思うのです。他の仏像彫刻物と比べたら比較的短時間で「完成!」の醍醐味を味わえるし、ざっとひととおりの彫刻刀使いも経験できます。何より、自画自賛で恐縮ですけど、可愛い。特に自分で作ったお地蔵さんはより可愛くて「ハートわしづかみ」と、作った人たちが言ってます。

ただし、初心者が独りで完成させるのはちょっと無理かなと思います。あくまでも教えてくれる人がいること前提。中級者以上は下図と途中経過&完成写真を見れば作れるはず。

小地蔵さんの形は提供したいけど私自身は教えるのは得意じゃない、解説を作るどころか下図を整えることすら面倒に感じます。

しかしこの問題を解決する案を思いつきました。それは、木彫を教える人に小地蔵さんを教材として使ってもらうこと。私がやらなくても、教えるのが得意な人にやってもらえばいいんだなと。小地蔵さんだったら仏像彫刻でなく普通の木彫講座でも使えます。
小地蔵さんで6地蔵 合掌・念珠・柄香炉

以前から小地蔵さんの下図を提供(販売)することは考えていました。ただ、著作権の事とか考えると一度出したら消せないものでもあり、面倒くさくなってしまう部分もありまして。でもやってみようかなと思います。

自分で作ってみたい方に活用してもらえたらその方がいい。著作権フリーにはしませんけど、教材として使うなら商用利用も可能にするつもりで案を練っています。もちろん個人が楽しむために使う分には制限はありません。

学校の夢が示すもの

2019年9月17日 [CAT雑記] [要素:, , , ]

西陣美術織の展示見てきました。裂き織り初心者の私には何をどうするとこうなるのかさっぱり分かりませんでしたが、仏像を描いた織りもあって、すごい技術だということだけはよく分かりました。洗練された高度な技術を着物から洋装主体となった今、いかにして継承していくかを積極的に模索する姿勢に、応援したくなりました。

さて、夢の話に戻り、最後は学校の夢。20代の後半からずっと学校の夢を見ています。これは先述のハムスターの夢(その1その2)より更に、長期に渡る謎でした。

大抵は、苦手な科目で試験にパスしないと、あるいは興味のない授業を受けて単位を取らなければ卒業できないと悩む内容。学校や科目はその時々で違えど、やりたくないけど我慢して終わらせないと次へ抜けられないと苦悶するものです。テストから解放されて20年以上たつのに未だ数学に悩まされるとは…;;

ハムスターの夢の謎が解け、次に学校の夢も謎が解けました。

これも言葉に表すのは難しいのだけど、端的に言えば学校とそのカリキュラムは自分自身の思い込みや縛りの象徴でした。「〇〇しなければ××できない」「~ければいけない」といった、自分を縛る思考。

現実の私は、学校は別に嫌いじゃないけど組織やカリキュラムや無意味な規則に縛られるのがものすごく嫌でした。定期的に通わなくてはいけないという状況自体、苦手。だから塾とか習い事も通うのが嫌。学校は友達や部活仲間がいるから行くってだけ。勤め人に向かないタイプです。

そもそも、学校は卒業しなければいかんの?ってところです。そんなに嫌なら、必要ないなら、止めりゃいいじゃん。何で修了することにこだわるの?夢から覚めた私は頭の中でそう思うのですが夢の中の私は行動を変えません。

ハムの謎が解け、海外販売に向けて地味に進んでいた(でもちょっと停滞していた)ある日、また学校の夢を見ました。今度は今までと違い、夢の中で級友にこう言われました。
「どうするの?今までと同じに戻すの?確かに元のままにする方が楽だよね。それとも本気で変えるの?」
Etsyで販売する携帯型小地蔵さん

それは授業をどうするかの場面だったと思うのですが夢の中で私は「そういうことか」と納得しました。
目覚めてから、こう感じたのです。何も変えずに今までと同じ道を起伏なく進むか(リスクは増えない代わりに何も得ない)、恐々でも新しい事をドキドキしながら始めるか(たとえ失敗したとしても大きな経験を得る)、腹をくくれということだなと。

自分を縛る思考に陥ると学校の夢を見るのでしょう。夢は潜在意識が現れる場。自分の深い意識がメッセージを送ってくる場でもあると思います。時にはペットからのメッセージもあるかもね。

続 ハムの卵はドキドキワクワク・夢と希望の種

2019年9月11日 [CAT雑記] [要素:, ]

長い間見続けてきたハムスターの夢の意味が理解できた私。これでもうあの夢は見なくなるのかなと思っていました。

ところがどっこい、5か月ぶりにまた出ましたよ、ハムスター。しかも今回は、箱に入った小さなハムは死んでいるのもあります。これは衝撃でしたね…。夢の中でしたが。今回は箱を戸棚に戻さず外へ出そうとしていました。いつもと違ったのは逃げ出したハムが野生化して「カピバラか!」というくらい大きく育ち、かつ繁殖して増えている点。

ちょうどその時は再発したケガがちっとも良くならなくて落ち込んでいた時期で、更にヘコみました。この5ヶ月間をダメ出しされたような気がして。頑張ったつもりだったのに頑張る方向を間違えたのかなぁ…って。でも、ある瞬間、すとんと腑に落ちました。

落書きしたくなる愛らしさ

落書きしたくなる愛らしさ(?)

言葉にするのは難しいのだけど、こんな感じ。しまったままの夢と希望は育たない(これは前回の夢とも同じ)。そして野に放ったハムスターは大きく成長し勝手に増殖している、つまり起こした行動は私の知らない所できっと育っている(…といいな)。それにもうひとつ、たくさんの夢と希望の種から全てが育つわけではなくて大きく育つ物もあれば枯れてしまう物もあるということ。蒔いて(行動して)みなけりゃそれは判別できない。

落ち込んでいた私を励まそうと見せてくれたのかな、なんて思います。動物の夢はハムスターだけなんですよ。ちなみに、続編の謎を解くきっかけを出してくれたのは きらきら の織江さん。最近、体のメンテナンスをやってもらってます。店は富士宮ですが週に1回静岡でも施術しているんです(詳しくはけんこうカイロプラクティックセンター)。

次は学校の夢の謎に迫ります。

ハムの卵はドキドキワクワク・夢と希望の種

2019年9月9日 [CAT雑記] [要素:, ]

なんじゃそりゃ、と思うでしょうが。私も同感です。以下、つじつまの合わない部分は気にしないように。夢だから。

長い間、同じ夢を見続けています。ひとつはハムスターをタッパーにしまってあるのを出してくる夢で15年以上、もうひとつは学校にいてやりたくない教科に悩む夢でこちらはなんと20年以上。

シチュエーションは多少違えど、ストーリーが同じなのです。これだけ繰り返し見るのだから何か理由があるのだろうと思っていましたが分からずにいました。が、ついに謎が解けました。まずはハムスターの夢について。

私、犬が来る前はハムスターを飼っていました。14年間で21匹。1度だけ出産がありまして(妊娠については「事故・笑」扱い)、里親探しのトラウマからか、ハムスターが増えてしまってそれを容器(箱とかタッパーとか)に入れてしまってある夢を見るようになりました。

子ハムたち12匹

大変だったけど可愛くて楽しい日々

その容器を出してくるところから夢が始まります。しまってあったことを忘れていた様子で「どうしよう、何てことをしたんだ」と自己嫌悪に陥るのが常。そして「この増えたハムたち、どうしよう」と悩み、最後は容器を棚に戻そうとする。

朝起きた時の気分は最低。夢の中ではありながら自分が許せない…。

年に数回、そんな夢を見ては落ち込んでいました。しかしある夜、夢の中でこう叫んだのです。「いい!全部飼うから!」そしてハムスターの夢を見なくなりました。

なのに3年程したらまた同じ夢を見始めたのですわ。いくら「全部飼う」と腹をくくっても夢に出てくる、同じ状況。これは何かあるよなぁと思いながら暮らすこと更に7年、やっと答えが見つかりました。

この3月末、またしても同じ夢を見ました。しかも今度はハムスターが箱の中の卵から孵っていくのです。ほ乳類なのに。ま、それは置いといて。夢だからね。そして件の出産経験をしたハムスターが登場してこう言いました。
「この卵はドキドキワクワクの種。これは夢と希望。卵、たくさん産んどいたから♪」

ハムの卵を産んだヤツ

13匹産みましたけど、何か?

なんじゃそりゃーーー!と思って目が覚めました。しばし呆然とした後、一人くすくす笑いました。私にとって、自分の中にある夢や希望はハムスターの形をしているんだね。そしてそれを意識の底にしまって隠し、時々取り出して眺めてはまたしまう、そんなことの繰り返しだったのかもしれません。

夢は大切に箱にしまっておいてもダメなんだよ、隠したって心は封印できないんだよ、そう言われたような気がしました。

それで Etsy への出品により本格的に海外販売を開始した次第です。私は10代の頃からずっと海外で暮らすことを考えていました。色んな事情でできないまま今に至りますが視点は常に海外へ向いています。日本では息苦しさを感じる私でも海外に出ると楽になります。犬がいる間は海外旅行できないけど、迷った時は海外視点で考えると吹っ切れます。

これでもうハムの夢は見ないかな、と思ったその後の話はまた次回

西陣織の金襴(きんらん)

2019年7月5日 [CATshopのあれこれ] [要素:]

以前、TVで西陣織の織物職人さんの作業を見たのです。シルバーに輝く、神々しい布を織っていました。しかも裏返しで。

何て美しいのだろう。こんなきれいな布があるんだ。番組名で探したら京都の龍村美術織物の職人さんでした。名人とのこと。なるほどね。

それで、京都へ行った際にショールームへ寄りました。こまりちゃんの敷物に使える柄があったら欲しいと思いまして。

残念ながら大きさと好みに合う小さな柄の物は見つからなかったのですが(何せ座布団のサイズが小さいもので合う柄を見つけるのはなかなか大変)、置いてある織物・商品はとてもきれいで、ショールームというかちょっとした美術品展示な様相でした。

東京・八重洲と京都・西大寺四条にショールームがあります。私が行った後に移転しましたので今のショールームには行ってないのですがまたお邪魔したいと思っています。

さて、そんな思い出のある西陣織。龍村さんのではないでしょうけどとってもきれいな帯を手に入れました。
西陣織の帯

手芸用品として売っている金襴はほとんどポリエステルですがこちらは絹。中古だからこそ良い物が安く手に入りました。これを使ってetsy販売用のポーチを作りたいと試行錯誤中。小さい物だけに布の硬さに難儀しております。小ささはここでも試練…。