犬の形をした仏さま

木彫り同好会の会場となっているぽちの和の看板犬ぽちさん(オンナノコ)がこのお正月に、とうとう旅立ちました。17歳8ヶ月。

松原さんは今、ぽちさんの姿を木彫りで表現しています。その彫る様子が、心に沁みました。手の中に大切に大切に包み込み、亡き者を思いながら、泣いたり笑ったりしながら、少しずつ彫っていく。それは遺された人の心にぽっかり開いた穴を少しずつ埋めていく作業であると思います。亡き者が与えてくれた愛で。
ぽちさん

この像を見て、ああ、ぽちさんだ…と思いました。形ももちろんですが、それだけでなく像から湧き上がる穏やかで温かな何かが、ぽちさんなのです。ここにいるんだな、と感じました。

前にも書きましたが、「仏」の形が仏像の形状とは限りません。神仏は全ての物に宿るから。だから彫り始める前の木片だって「今から仏像を彫るぞ」と思えばもう既にそれは仏さまだし(宗琳さんの言葉)、動物の像が仏さまであることもあるでしょう。

自分の仏さまを持つことで救われる人もいます。もし可能であるなら、自分で自分のために何かを作ることはより大きな救いになるはずです。春の彼岸を前に、そんなことを思いました。

お地蔵さまを彫るように犬を彫る

2018年7月30日 [CAT自分で作る仏さま] [要素:, , ]

先月お邪魔したぽちの和さんの木彫り同好会@座間。今月も楽しそうです⇒「ぽちの和」ブログ記事。その中でとても心に残った言葉があったので紹介します。

伊藤支部長の愛犬ルルさんは、先月18歳で旅立ちました。
そして、「お地蔵さまを彫るようにルルを彫りたい」と。

最初はただの四角い木片です。
その木片の中から少しずつ犬を彫り出していきます。
手のひらのなかで想いを込めて彫り進んでいくうちに、心の中にぽっかり空いた穴も、少しずつ、ゆっくり、あったかい想い出で埋められていくと思います。

仏像を彫る心と全く同じです。これは犬という形でありながら、仏さまを彫っているのだと思います。

ブッダが説いたのは人生における物の見方・捉え方であり生き方論だったはずで、菩薩だの如来だのといった概念は後世に仏教が普及する過程で生まれた話でしょう。ブッダが説いたであろう真の「仏性」は形とは関係ないのだから「仏」がお地蔵さんや阿弥陀さんの形をしているとは限りません。もしかしたらそれは犬の形であるのかもしれないし、大きな岩であるかもしれない。

物を作るって、素敵だなとつくづく感じます。別に仏像でなくてもいいし、木彫でなくても何でもいいから、思いを込めて丁寧にゆっくり進めればそこに何かが生まれるはず。

作品勢ぞろい

犬・猫・フェレット

ぽちの和・木彫り同好会、興味のある方は ぽちの和 松原さんへ。富士山麓の御神木だったクスノキをこのタイミングでお届けできることをとてもうれしく感じます。

ちなみに来月は暑気払いだそうで。ああ、行きたい(笑い)。

小地蔵さんの冒険 横浜編

2018年6月21日 [CAT仏像彫刻周辺の話] [要素:, ]

夫の小地蔵さんが出張に連れて行けと言うので(?)同行したようです。ポケットに入るサイズですから邪魔にはなりません。お守りにもなりますし。
出発

目的地は横浜。小地蔵さん、人混みに疲れたのでは?あ、歩いてないか。

到着

落ちないでくださいよ


この前は欄干から落ちてたんこぶ作ったからね。潮風を浴びて
横浜の海
さあ仕事して帰りましょう。
終了

今日は日帰りです!

金沢文庫 特別展 運慶―鎌倉幕府と霊験伝説―

年明け、横浜市の金沢文庫で運慶に関する展示が始まるそうです。行きたいなぁ。でも、新横浜で降りてから2回乗り換え1時間余…田舎者には少々遠く感じてしまって。上野みたいに新幹線降りて電車1本15分くらい、ならもう少し気軽に踏ん切れるのだけど。
金沢文庫運慶展

【金沢文庫 特別展 運慶―鎌倉幕府と霊験伝説―】
 運慶は日本を代表する仏師です。本展示は運慶と鎌倉幕府との関係や、運慶仏が霊験あらたかなものとして信仰されたことに注目して、関連作品をご紹介します。
 平成23年春の金沢文庫、同29年秋の東京国立博物館の「運慶展」に続き、本展示をご覧になることで運慶の全貌が明らかになるでしょう。
会場:神奈川県立金沢文庫 神奈川県横浜市金沢区金沢町142
会期:平成30年1月13日(土)~3月11日(日)
休館日:毎週月曜日(2月12日は除く)、2月13日(火)
観覧時間:午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 
観覧料金:800円

明日から1月3日まで年末年始休業いたします。よろしくお願いします。ブログはもう1回くらいは更新する予定。