海外販売第1号

2019年11月15日 [CAT小地蔵さん] [要素:]

先日、米国の方が Esty に出品している携帯型小地蔵さんを購入してくれました。新規出店で販売歴もない私からよくぞ買ってくださった…!と感激ひとしお。日本人以外にもこの可愛さは通用するんだと思うとうれしいです。
Etsyで販売する携帯型小地蔵さん

旅のお供にしていただけるようです。お守りとしても働きますから、きっと良き道連れになる事でしょう。

梱包の前、その小地蔵さんに伝えました。
「これから海を渡りアメリカって国へ行って〇〇さんの元でしっかり働くんだよ。頑張って!」

小地蔵さん、きらきら輝くようなやる気と喜びにあふれていたように感じます。考えてみればこの小地蔵さんを作ってから3年以上経っています。その間、光と湿気を遮断した引き出しの中でこの子は静かにじっと待っていたんですね。行くべき所へ行ける日が来るまで。静かに静かに、眠るように、穏やかに。

他の小地蔵さん達も同じです。行くべき所へのお迎えが来るまでただ静かに時を待つ。ありがたいなぁと思います。小地蔵さん達にも、迎えてくださる方にも。

無事に到着できますように。でも基本的に「それが行くべき所であれば何があっても届く」と信じているのであまり心配はしていません。彼らが行くべき所へ行ってやるべき仕事を精一杯できますように。

適材適所で

2019年10月15日 [CAT小地蔵さん] [要素:, ]

小地蔵さんって、彫刻初心者が作り方を教えてもらいながら木彫の基礎を学ぶのにちょうど良い教材だと思うのです。他の仏像彫刻物と比べたら比較的短時間で「完成!」の醍醐味を味わえるし、ざっとひととおりの彫刻刀使いも経験できます。何より、自画自賛で恐縮ですけど、可愛い。特に自分で作ったお地蔵さんはより可愛くて「ハートわしづかみ」と、作った人たちが言ってます。

ただし、初心者が独りで完成させるのはちょっと無理かなと思います。あくまでも教えてくれる人がいること前提。中級者以上は下図と途中経過&完成写真を見れば作れるはず。

小地蔵さんの形は提供したいけど私自身は教えるのは得意じゃない、解説を作るどころか下図を整えることすら面倒に感じます。

しかしこの問題を解決する案を思いつきました。それは、木彫を教える人に小地蔵さんを教材として使ってもらうこと。私がやらなくても、教えるのが得意な人にやってもらえばいいんだなと。小地蔵さんだったら仏像彫刻でなく普通の木彫講座でも使えます。
小地蔵さんで6地蔵 合掌・念珠・柄香炉

以前から小地蔵さんの下図を提供(販売)することは考えていました。ただ、著作権の事とか考えると一度出したら消せないものでもあり、面倒くさくなってしまう部分もありまして。でもやってみようかなと思います。

自分で作ってみたい方に活用してもらえたらその方がいい。著作権フリーにはしませんけど、教材として使うなら商用利用も可能にするつもりで案を練っています。もちろん個人が楽しむために使う分には制限はありません。

小地蔵さんにも光背

2019年9月24日 [CAT小地蔵さん] [要素:]

完成した瑠璃観音の光背。小地蔵さんも背負いたいと言うので(?)ちょっと拝借。

小地蔵さんと光背

やはり光背はいい♪

何となくご満悦に感じます。夫の小地蔵さんは私のブレスレットをかけてやるとうれしそうだし、仏さんって実は宝飾好きなのかも。

幢幡の小地蔵さんと仲間たち

2019年7月16日 [CAT小地蔵さん] [要素:]

友人宅へ嫁いだ幢幡(どうばん)の小地蔵さん、先住のコたちと一緒にこんな写真を撮ってもらいました。向かって右端が幢幡です。
幢幡の小地蔵さんと仲間たち

七福神っぽい?5体だけど。何やら非常にありがたい感が。そういえば、6地蔵にこまりちゃん足したら7体になりますね。

その友人は人生の節目節目で1体ずつ揃えてくれています。きっと七福神となった頃にはお互い元気なばあちゃん(まだおばちゃんか?)になっていることでしょう。

注文制作の小地蔵さん 幢幡(どうばん)

2019年7月8日 [CAT小地蔵さん] [要素:, ]

友人から依頼を受けていた小地蔵さん。やっと作り始めました。

ケガをして以来、彫るどころか手を使うこともままならない状態でしたから本当に久しぶり。何とか仕上げ作業ができるレベルまで回復したので作業開始です。これはまだ最終仕上前の状態で幢幡もまだだけど。
注文制作 小地蔵さん幢幡

ちなみに幢幡は「仏さまはここにいるよ」と示すノボリみたいなものだそうです。だからお寺の本堂に吊る下がっているんですね。

その友人は6地蔵揃えたいと言ってくれて。ありがたいことです。友人とその周囲の人々が真に幸せで在れるよう願いを込めて作りました。何が幸せかはその人が決めることだから具体的な何かではなく、その人にとっての幸せであるようにと。

この子は意図したわけではないけどすごく優しい可愛らしい表情になりました。きっとこの顔が今の友人に合っているのでしょう。作りながら小地蔵さんに「頼んだよ」と声をかけたら「あいよ」と返ってきた気がしました。

小地蔵さんを彫っている時間はとても幸せに感じます。もちろん趣味の仏像彫刻でも彫っている時間は楽しいし幸せなんですが、それとはまた違うありがたさがあるのです。また、注文制作でなくとも「必要とする人に届くように。これを持つ人が幸せであるように」と思いを込めて作っています。

注文制作は在庫0になっていても問合せしてもらえればほぼ対応可能です。販売画面をいじる余裕がないor忘れていることがあったりしますし、公に出すほどではないけどちょっとの数ならできる場合もありまして。その他、ほとんどの事は問合せもらえたらOKで返すはず。個人でやっていることなので大体は融通が利きます。

オンラインショップの販売方式も少しずつ変更していきます。とりあえず小地蔵さんはセミオーダー形式を始めます。こまりちゃんは画面をいじるのはもうちょっと先になりそうだけど問合せいただけたら受けられます。セミオーダー形式になっても現時点での価格は据え置きです。