富士教室へ突撃(笑い)&菩薩半跏像粗彫りから小造りへ

富士市永源寺を会場としている富士教室へ初めてお邪魔しました。

富士教室の方達とは以前から交流もあり、静岡教室と掛け持ちしているメンバーもいるため、まるで前からいたような図々しさで(恐縮です)楽しく彫る時間を過ごしました。本当に、富士の方達も気持ちの良い方ばかりです。ありがとうございました。

おかげで中宮寺菩薩半跏像は少し進みました。

中宮寺菩薩半跏像 上半身の位置決定

わずかに首を傾げています

仏像彫刻を習い始めてもう9年目となるのに、自分一人では彫り進められない現実にちょっと衝撃を感じました。自分で考える、というより自分で「ここをこれだけ取る」「ここを残す」と決断することができないんだな。まだ恐々と前に進む状態で、先生に決めてもらわないと失敗しそうで怖い。

失敗したからといって人生に何の支障もないのにね。

まあ、本格的な仏像はまだ5体目だから決定的に経験不足なのは確か。今回なんて顔を作るのは2年ぶりで、すっかり忘れちゃってます。仏頭から練習し直さないと?なんて思うほど。年数は経ってるけど数はこなしてない、のんびりな私です。

神奈川県立歴史博物館の勢至菩薩像

鎌倉にある浄光明寺の勢至菩薩(Google検索結果をどうぞ)がいいなぁと思いまして、これ彫れないかなと見に行きました。と言っても、行ったのは鎌倉ではなく横浜。

横浜にある神奈川県立歴史博物館にはその勢至菩薩の摸刻があるのです。しかも写真が撮れるとの情報だったもので前後左右から撮れたら下図になるなと思いまして。静岡県中部からだと鎌倉って行きにくい位置なんです。横浜なら新幹線降りてそう遠くない。

結果としては撮影禁止でした。展示物の中には撮影可と不可が混在していて、各説明ボードの下方に小さく掲示されているので気付きにくいです。「触らないで」のマークより小さいし目立たないし(なぜ)。

というわけで残念ながら下図用写真は撮れませんでしたが、勢至菩薩像はとても私の好みに合っていました。でもこれ、彫るの難しそう。顔が少し横向いてる上に傾げてるから(正面向いて真っすぐな位置だとまだ何とかなります)。鎌倉へも行ってみたいなぁ。東慶寺の水月観音も見てみたい。

ここにもハニワが少しありました。土偶もいいけどハニワがやっぱり可愛い。
神奈川県立博物館のハニワ

他の展示も意外と(失礼)楽しかったです。

静岡市で作品展示

明日8日、静岡市南沼上の大安寺本堂で仏像彫刻仲間の作品が展示されます。毘沙門天のお祭りに合わせての展示で、毘沙門天立像開帳も。出店や演奏会等のイベントは残念ながら今回中止だそうです。
毘沙門天大祭 大安寺
毘沙門天大祭 イベント

開運 毘沙門天大祭
日時 2020年3月8日(日)
開催時間 9:00~14:00
会場 南沼上「大安寺」境内
住所 〒420-0905 静岡市葵区葵区南沼上3丁目18-7
問い合わせ先 大安寺
電話 054-261-6562
駐車場 南沼上公民館駐車場を、お借りしております。係員の指示に従ってください。詳細は、大安寺まで。

中宮寺 如意輪観音

2020年3月3日 [CAT習作] [要素:]

昨年9月に瑠璃観音が完成し、次作の中宮寺如意輪観音(菩薩半跏像)を作り始めています。バタバタしていて木取り段階の写真を撮り忘れていましたのでいきなり粗彫りからですが。
中宮寺如意輪観音粗彫り

限られた写真しかないので悩む部分も多いものの、逆にそれは自由に作っていいのだと捉えてしまいましょう。そしたら今までよりちょっとはペースアップできるかも。

中宮寺半跏像

中宮寺より拝借 菩薩半跏像

これとよく似た形の弥勒菩薩の作り方は本にも出ていますのでそちらを参考にしながら進めます。ちょうど弥勒を作っている仏像仲間がいるので見せてもらいつつ。それと、下図や解説なしに数枚の写真だけを見てバリバリ彫り進め形にしてしまう強者がやはり仲間にいて、見習いたいと常々思っていたので頑張ってみます。

静岡作品展2019 各作品紹介しています