着物リメイクで夫の春コート

2020年4月8日 [CAT趣味の手作り] [要素:]

松下純子さんの本を見ながらこんな物を作ってみました。
白大島の着物リメイク 春コート

白い大島紬(白大島と呼ぶらしい)の古着を安く手に入れ、解いて水洗いしてアイロンかけて、汚れた所を除けてカット。これはいちばんやさしい着物リメイクという本に載っていたコートです。襟が開きすぎたり(布幅が広かったため)ファスナーが長すぎたりしてますが、まあ良し。ただ、裏地を付けないと薄すぎる(寒い)かなぁと。そこは使ってみてから考えましょう。もし付けるなら元々着物に付いていた生地を使います。

我流でボタンをファスナーに変えたり身返しを付けたりしてますが元の作り方は本当に初心者向けの簡単さ。四角いままで縫うし洋裁みたいな気合は要りません。これは襟が難しそうに見えますがやってみたら意外と簡単できれいに仕上がります。洋裁の手法に比べたら全くもって楽ちん&速い。

松下さんの本は着物リメイクを気軽に試してみたい方におすすめ。私もいくつか作っており、絹のパンツは真夏でも快適ですよ。

ヤフオク等で洗い張り(解いて水洗い)した着物を安く売ってますからそういうのを買えば手軽です。一度水洗いしてあれば普段着として使いながら家で洗えます。生地によっては弱くなっている物もありますが、使ってみて縫い目が破けてくるようなら接着芯や力布をくっつけて上からもう1回縫えば良し。

小地蔵さん・こまりちゃん用に金襴を扱うようになってから着物の生地に目が行くようになりました。彼らの敷物も変えようかと試している今日この頃。
丸型巾着試作

ところで実は今日、誕生日です。お釈迦さまと同じ日なのは奇遇ですね。これからの時間、ますます物作りを楽しみたいし、それが誰かの役に立つなら最高です。

春の抜け毛まつり シーズン2

2020年4月5日 [CAT雑記] [要素:]

うちのお嬢さん犬。なぜか年末年始に盛大な抜け毛まつりを開催し、もこもこのアンダーコートがすっかり抜けてすっきり夏毛になっておりました。これから1年で一番寒くなる時期なのにこんな薄毛で大丈夫なの?と心配したほど。

そして最近、ふと見れば抜けたはずのアンダーコートが復活しているではないですか。そりゃそうだ。更には、2回目の抜け毛まつり開催の準備をしている様子。

また抜けるんですか…。すごい量の毛が毎日毎日抜けるんです。家の中を毛玉がツツーッと移動する毎日がまたやってくるんですか…。それにしても、食べたお肉は全部毛になっちゃったなんてこと、ないですよね?

ヤマザキ春のパンまつりみたいに、抜け毛を集めたら何かもらえるってことだったら掃除も楽しくなるのにねぇ。
花見中

思い通りにならないことに目を向けても気が滅入るだけ。私は小さくても「うれしい・楽しい・ありがたい・思わず微笑む」ようなことを探して暮らしてます。

こういう時こそ「探偵ナイトスクープ」を見るべし!

富士教室へ突撃(笑い)&菩薩半跏像粗彫りから小造りへ

富士市永源寺を会場としている富士教室へ初めてお邪魔しました。

富士教室の方達とは以前から交流もあり、静岡教室と掛け持ちしているメンバーもいるため、まるで前からいたような図々しさで(恐縮です)楽しく彫る時間を過ごしました。本当に、富士の方達も気持ちの良い方ばかりです。ありがとうございました。

おかげで中宮寺菩薩半跏像は少し進みました。

中宮寺菩薩半跏像 上半身の位置決定

わずかに首を傾げています

仏像彫刻を習い始めてもう9年目となるのに、自分一人では彫り進められない現実にちょっと衝撃を感じました。自分で考える、というより自分で「ここをこれだけ取る」「ここを残す」と決断することができないんだな。まだ恐々と前に進む状態で、先生に決めてもらわないと失敗しそうで怖い。

失敗したからといって人生に何の支障もないのにね。

まあ、本格的な仏像はまだ5体目だから決定的に経験不足なのは確か。今回なんて顔を作るのは2年ぶりで、すっかり忘れちゃってます。仏頭から練習し直さないと?なんて思うほど。年数は経ってるけど数はこなしてない、のんびりな私です。

布マスク

2020年3月18日 [CAT雑記] [要素:]

ぽちの和・まつばらさんがマスクの製作販売始めました

実はうちにもぽち印の抗菌マスクがありまして。病気治療中で抵抗力が落ちている夫には、マスクは大切な防護用具なのです。コロナがあろうとなかろうと。2月の初めにドラッグストア勤務の姉が手に入れてくれた使い捨てマスクと、まつばらさんの繰り返し使えるマスクで本当に助かりました。
ぽちの和の布マスク

今のマスク騒動は、ウイルスに対する「恐怖・不安」が暴走していることに加え、事態に付け込んで暴利を得ようとする「欲」が起こしている結果だと思います。恐れと我欲はいつだって世界を不安定にするんですね。いや、我欲も突き詰めたら不足感に対する恐れだから、要は「恐れ」が世界を不安定にするってことで。

精神的なそういうドロドロに巻き込まれると毎日がしんどいと思います。1日のうちで短時間でもいいから、日常を離れて楽しいことに集中できる時間を持つとリフレッシュできるはず。あとは、深呼吸。フラワーエッセンスなどの不安をケアする手法も良いと思いますよ。

必要度の高い方からマスクが使えますように。祈りを込めて。

手作業の美しさ

2020年3月13日 [CAT趣味の手作り] [要素:]

子供の頃から祖母が手作業するのを見ているのが好きでした。一番好きだったのがネギをきれいにする作業。薄く1枚皮をむいて根を落とすとピカピカのネギが現れます。その作業をずっと見ていました。農家の女性はこれ、上手ですね。

今でも見るのが好き。職人さんの手作業は特に楽しい。水道屋さんの作業とか大好きでずっと張り付いて見ていたいのだけど、仕事しにくいだろうから我慢しています。TVで手作業の場面があると見入ってしまいます。

手際の良さ、出来上がりの美しさ、とにかく作業がきれい。そういうのは見ていて楽しいです。

最近はネットで動画をよく見ています。ポーチを作ろうと思って検索した洋裁系の動画が面白くて。ぺったんこな布から立体的な形が出来上がっていく様はまるで魔法。覚えようという気は全くなくただ繰り返し再生して楽しんでいます。ドラマや映画は見ていて気が滅入る内容のことが多々ありまして、最近は見る頻度が減っているのに対し(ニュースも同じく)、こういう動画を見ているのは幸せ。

こちらは小物ではありませんが服の作り方を見せてくれます。ファッションショー等のサンプルを製作する会社だそうで、とにかく丁寧できっちり作っているのが分かります。プロの道具の使い方も勉強になります。

海外のも面白いですよ。日本人の作品はきれいで作り方が細部まできちんとしていて分かりやすいものが多く、海外は作り方が多少雑でも自由で独創的なものが多いです。日本は実用性重視(便利に使えてなんぼ)、海外は創作そのものを楽しむ(創って楽しんでなんぼ)傾向かなと思います。

神奈川県立歴史博物館の勢至菩薩像

鎌倉にある浄光明寺の勢至菩薩(Google検索結果をどうぞ)がいいなぁと思いまして、これ彫れないかなと見に行きました。と言っても、行ったのは鎌倉ではなく横浜。

横浜にある神奈川県立歴史博物館にはその勢至菩薩の摸刻があるのです。しかも写真が撮れるとの情報だったもので前後左右から撮れたら下図になるなと思いまして。静岡県中部からだと鎌倉って行きにくい位置なんです。横浜なら新幹線降りてそう遠くない。

結果としては撮影禁止でした。展示物の中には撮影可と不可が混在していて、各説明ボードの下方に小さく掲示されているので気付きにくいです。「触らないで」のマークより小さいし目立たないし(なぜ)。

というわけで残念ながら下図用写真は撮れませんでしたが、勢至菩薩像はとても私の好みに合っていました。でもこれ、彫るの難しそう。顔が少し横向いてる上に傾げてるから(正面向いて真っすぐな位置だとまだ何とかなります)。鎌倉へも行ってみたいなぁ。東慶寺の水月観音も見てみたい。

ここにもハニワが少しありました。土偶もいいけどハニワがやっぱり可愛い。
神奈川県立博物館のハニワ

他の展示も意外と(失礼)楽しかったです。

静岡市で作品展示

明日8日、静岡市南沼上の大安寺本堂で仏像彫刻仲間の作品が展示されます。毘沙門天のお祭りに合わせての展示で、毘沙門天立像開帳も。出店や演奏会等のイベントは残念ながら今回中止だそうです。
毘沙門天大祭 大安寺
毘沙門天大祭 イベント

開運 毘沙門天大祭
日時 2020年3月8日(日)
開催時間 9:00~14:00
会場 南沼上「大安寺」境内
住所 〒420-0905 静岡市葵区葵区南沼上3丁目18-7
問い合わせ先 大安寺
電話 054-261-6562
駐車場 南沼上公民館駐車場を、お借りしております。係員の指示に従ってください。詳細は、大安寺まで。

中宮寺 如意輪観音

2020年3月3日 [CAT習作] [要素:]

昨年9月に瑠璃観音が完成し、次作の中宮寺如意輪観音(菩薩半跏像)を作り始めています。バタバタしていて木取り段階の写真を撮り忘れていましたのでいきなり粗彫りからですが。
中宮寺如意輪観音粗彫り

限られた写真しかないので悩む部分も多いものの、逆にそれは自由に作っていいのだと捉えてしまいましょう。そしたら今までよりちょっとはペースアップできるかも。

中宮寺半跏像

中宮寺より拝借 菩薩半跏像

これとよく似た形の弥勒菩薩の作り方は本にも出ていますのでそちらを参考にしながら進めます。ちょうど弥勒を作っている仏像仲間がいるので見せてもらいつつ。それと、下図や解説なしに数枚の写真だけを見てバリバリ彫り進め形にしてしまう強者がやはり仲間にいて、見習いたいと常々思っていたので頑張ってみます。

今年はe-Taxでオンライン青色申告できました

2020年2月28日 [CATshopのあれこれ] [要素:]

昨年、任意償却の資産がオンラインから入力できなくて訂正申告を紙で出したのですが今年は何とか全部オンライン(e-Tax)で完了しました。

もしかしたら私みたいな人がいるかもしれないのでざっと書いておきますと、決算書・収支内訳書の作成ページ中にある「減価償却費」→「新規に減価償却資産を入力する」→「繰延資産」を選べば任意償却となります。あとは償却額など入れるだけ。入力内容は検索してください。私は開業費の任意償却でつまづいておりました。

これって昨年も選択できたのかな。私が気付かなかっただけ?検索もかなりやったんですけどね。まあいいや。終わったから。これで底冷えする体育館で並ぶ必要も、混みあう税務署(書類をポストインするだけでも駐車場が混んでる)へ行く必要もなくて助かります。これが終わると気が楽~。

そういえばオンラインでの申告って年明け早々からできるらしいですね。1月に済ませてしまえばもっと気楽に過ごせるってことか…。

オンラインショップでのセミオーダーメイド販売再開

2020年2月27日 [CATお知らせ] [要素:]

長らくお休みしておりましたオンラインショップでのセミオーダーメイドですが、やっと目途が付きました。というわけで、来週3月2日から再開いたします。お待ちくださった方、ありがとうございました。