曼殊院門跡

2019年11月5日 [ CAT 雑記] [要素:, ]

松久さんの仏教美術展を見に今年も京都へ。今回は、午前中はひとりで、午後はご朱印集めを趣味にしている友人と一緒。

美術展はさすがに見応えのある作品がたくさんあって、わざわざ京都まで行って良かったなぁとしみじみ思いました。プロだけでなくアマチュアの方の作品も惹きつけるものが多々あり。そして宗琳さんの十一面千手観音なんて思わず拝んでしまいました。なんとまあありがたや、な仏さん。手を合わせたくなる仏像ってこういうものなんでしょうね。

京都はちょうど秋のライトアップ期間中でして、それ目当てに曼殊院へ。京都駅から北東方向へ修学院離宮近くの静かなお寺でした。枯山水が好きな私の好みにぴったりの、渋くてかっこいい厳かな佇まい。また友人にとってはここのご朱印は「当たり」だったようです。

曼殊院門跡枯山水庭園 昼

昼の庭園


曼殊院門跡枯山水庭園 夜

夜の庭園

本当はもっときれいです。でもできればもう少し、左手前の照明を暗くしてほしいな。その方が庭が映えるから。

日暮れのライトアップと共に声明(しょうみょう・お経に節をつけた歌のようなもの)が奥からかすかに聞こえてきて、庭を眺めながらありがたい時間を過ごしました。全てが洗われたような気持ちになりました。

午後4時頃到着して6時まで滞在し、さて帰ろうと(友人に)タクシー会社に電話してもらったら「連休の夜で混んでいるのでかなり待ってもらいます」だって。しまった、連休をなめてた…。

結局、歩いて山を下り(徒歩15分くらい)、白河通りでバスに乗って地下鉄の国際会館駅へ出ました。10分おきくらいにバスがあるので困ることはないと思います。ですが、連れがいて良かったです。治安は悪くないけど暗くて寂しい道なので。それに友人が一緒だったからタクシーを使うこのお寺に行けたようなものだし。

一人旅も楽しいけど二人旅も楽しい。

今回の旅で気付いたこと。私は一人で行動するのが好きですが一人旅が楽しいのは、その旅の話ができる友達や家族がいてこそなんですね。誰にも話さないで一人旅してるだけだと私は楽しめないんだなと。
そういう意味で、東京行きはいつもあちらの友人が途中に合流してくれるからそのおかげで、一人の部分もあんなに楽しいんだと分かりました。帰宅後に話を聞いてくれる夫がいるからこそ、一人旅も二人旅も更に楽しいんだってことも。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 September 10, 2018 に投稿された
  2. 中部横断自動車道 October 23, 2019 に投稿された
  3. 豆炭あんか February 2, 2018 に投稿された
  4. 曼殊院門跡 November 5, 2019 に投稿された
  5. 静岡県の名宝展 浜松市 November 18, 2019 に投稿された