古着のレザーで筆入れ

2019年10月9日 [ CAT 彫刻用品] [要素:, ]

犬散歩用のポシェットを作った古着の残りがまだまだありまして、仏像彫刻用ペンケースを作りました。今までのは開け口が狭くて中に入っている物を探しにくく、「ここには何でもある(はず)、だけど見つからない」状況でしたから。

参考にしたのはこちらの動画。Diy Soho手作り倉庫さんの作品は創作意欲がかきたてられる楽しく実用的な物が多いので好き。

最初はこの動画通りのサイズで作りました。が、私の荷物はそれでは入りきりませんでした。なのでそれは夫に譲り、容量を増やして作り直しました。夫曰く「いや、これ(最初の作)でも十分な大きさだと思うけど」だそうで、ボンドやメジャーを筆入れに入れる方が間違ってるんじゃないの(だからこんな大きくなるんじゃ)と言われたですが、筆入れに入れなきゃどこに入れんのよって話。道具袋の中で迷子になる事間違いなし。
古着でレザーペンケース

革なのでワイヤー無しでもしっかり開きます。柔らかな布で作るならワイヤー入れた方がいいかも。私の場合は他の道具とワイヤーが当たったら心配なのもありこういう選択に。革は端の処理を気にしなくていいのが楽ですね。厚みが出る分、余分は切り落とす必要がありますけど。厚物縫いに不安あるミシンや道具で縫うならポケットは縫い代に挟まず、袋物のように独立して付けておく方がいいと思います。

古着の革の向こうにいる、原料となった牛。最後まで使い切ることが奪われた命に対する礼儀だと思っているし、少しは供養になるかなとも思います。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. バンドソーの調整 10月 7, 2019 に投稿された
  2. 新しい彫刻刀♪ 4月 29, 2016 に投稿された
  3. HAZUKIルーペ買いました 1月 29, 2018 に投稿された
  4. 中古の彫刻刀 9月 28, 2018 に投稿された
  5. 古着のレザーで筆入れ 10月 9, 2019 に投稿された