木喰仏レリーフ作り@藤枝

藤枝市で開催されるおんぱく関連 みちゆかし のイベントで、木喰仏聖徳太子像のレリーフを作る催しがあります。
曹洞宗 瑠璃山 光泰寺 木喰仏聖徳太子像

【木喰仏レリーフ作り】
曹洞宗 瑠璃山 光泰寺にある、木喰上人の作成した木喰仏(もくじきぶつ)聖徳太子像。今年で生誕301年を迎えた木喰上人の作品は、今も多くの人々を魅了しています。
その木喰仏の造形に焦点をあて、どのように作られているかを観察し、粘土と石膏でレリーフ作りに挑みます。見て作ることによって新たな木喰仏を感じてみてはいかがでしょう?
大旅籠柏屋に集合し、光泰寺までは岡部観光ボランティアと共にまち歩きをしながら向かいます。講師と木喰仏を拝観して柏屋に戻り、昼食をとって制作。できたレリーフはお持ち帰りできます。
※レリーフとは半立体の彫刻のことをいいます。
申し込み・問い合わせ先
WEBサイト または 070-5332-3955(SACLABO)

これとは別に木喰仏めぐりという催しもありますよ。

【心和む木喰仏めぐり】
「千体仏彫像の祈願」を発願し、56歳から93歳で生涯を終えるまで、日本全国を廻国修業しながら1000体以上の仏像を彫り続けた江戸時代の遊行聖「木喰上人」。寛政12年に藤枝に入ると約2ヶ月間滞在し、藤枝・焼津地区に13体の木喰仏を残しました。晩年期の作品は、口元に優しい微笑みを浮かべた表情が特徴で、「微笑仏」とも言われています。
今回は、普段は公開されていない木像や書軸も特別に公開! この地に残された11体の木喰仏と貴重な書軸を巡るツアーです。木喰さん大好きガイドと一緒にたくさんの微笑みに出会いに出かけませんか?
申し込み・問い合わせ先
WEBサイト または 054-667-6060 (岡部総合案内所)

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 得の高い魂ー若くして亡くなることに思う December 21, 2018 に投稿された
  2. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない May 20, 2015 に投稿された
  3. 神奈川県立歴史博物館の勢至菩薩像 March 10, 2020 に投稿された
  4. なぜ仏像の目は半眼なのか September 15, 2018 に投稿された
  5. 松本明慶 佛像彫刻展@静岡伊勢丹 August 26, 2019 に投稿された