火事場の馬鹿力

2019年8月13日 [ CAT 雑記] [要素:, ]

うちの老犬が散歩帰りに意識を失い、それ(32kg)を抱えて歩いたと書きました。ケガは完治したの?と思われた方、正解です。

私、健康な状態なら30kgの物は持ち上げられます。大型犬を飼うにあたり、犬がグッタリした場合にも私一人で車へ運び病院へ連れて行ける大きさ、つまり30kg程度までという条件を付けていました。ただし、ケガをして手の機能が低下することは考えておりませんでした…。しっかりつかむことがまだ難しい面と痛みもありまして、10kg以上のものは持たないようにしている中でのことでした。

火事場の馬鹿力というやつですね。その時は何も考えずに必死で抱き上げて歩いたのですが、時間が経つほどに手が痛み出しここ3ヶ月のケアがパーになるくらいまで状態悪化。直後2日間はあまり痛まなかったところを見ると多分、かなりのアドレナリンが出ていたと思われます。3日後にガツンと痛み襲来。

体重32kgだと10歳児くらいの重さでしょうか。子供なら肩に担ぎあげるかおんぶすればまあまあ歩けるんですが大型犬だとそれができなくて、腕の力だけで持ち上げることになります。32kgのバーベルを腕に乗せたまま歩く感じ?しかも持ちにくいんですわ、形状的に。
10m歩いては下し、また抱えて10mよろよろ進んでは下し、の繰り返しでした。4回目に抱え上げたところで意識が戻って暴れ出したので下したら何とか自力で歩いてくれたわけですが。

眠る犬

元気は戻ったけど足の動きが今ひとつ

ちなみに家まで50mの距離で歩けなくなりました。そもそも普段の散歩自体が100m先の公園へ行って臭いを嗅いで帰ってくるだけなんですけどね。おばあちゃんだし、足悪いから、あんまり歩かないです。

ところで人間の筋肉って普段は6割くらいしか能力を発揮していないらしいですね。アスリートで8割とか9割とか。筋肉の能力を完全に発揮すると周囲の腱や骨が耐えられないのだそうです。だからアスリートでも体が動きすぎるとアキレス腱切ったりするんだって。調子の良い時ほどケガには要注意だそうです。

普段は周辺組織とのバランスを取って体を傷めず継続的に動けるレベルに無意識下でストッパーがかかっているのが、いざという時にはそのストッパーが外れて10割の力が出せてしまうと生理学か何かで聞いたことがあります。それが火事場の馬鹿力。筋肉に限らず、普段はほどほどにやっている方がいざという時、力を出せる(出す余裕がある)のかなぁなんて思いました。

ま、これでもし犬に何かあっても私一人で対処可能と証明できたからいいか。いえ、犬好きなご近所さんにお願いすれば運ぶの手伝ってもらえるから私一人で持てなくても大丈夫なんですけどね。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 9月 10, 2018 に投稿された
  2. 大型犬の抱っこ 8月 15, 2018 に投稿された
  3. 笑い文字 7月 6, 2018 に投稿された
  4. カエルちゃん元気です 10月 13, 2019 に投稿された
  5. 豆炭あんか 2月 2, 2018 に投稿された