悩みがほどけて前向きになれる場所

2019年5月16日 [ CAT 仏像彫刻周辺の話] [要素:, ]

旅行中、手の状態がだいぶ良くなって、「これなら間もなく治るのでは」と期待しました。が、帰宅して日常に戻ったら逆に悪化。これ、さすがにかなり落ち込みました。しかも落ちたまま戻れない。どーーーーーん。

それが、同好会へ行っておしゃべりしていたら何だか元気が出てきて、新しい視点から対策を考えたりまた前を向くことができました。

ケガの事なんて話してないのに。たわいもない話をして笑っていただけなのに。仏像仲間、恐るべし。

ところで今ある手指の痛み、50歳前後の更年期にある女性が患う症状なんだって!どんぴしゃですわ。ホルモンバランスが急激に変わったことに体が対処しきれなくて関節の状態が悪くなったりするらしい。症状がどこに出るかは生活様式や体質による。

そうだよねぇ。だって治らないのがおかしいと思うほど、手を大事にしてるもん。痛める程使ってないし。使い過ぎが原因ならとっくに治ってるはずなのに悪化するって、どういうこと?問題の根っこは手じゃないんだな。

思ったより長引くのかも。いやもう十分長引いてるけど。だからこれからは、この状態でいかに負担をかけず彫るかを探っていきます。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  2. 観音様とマリア様 6月 2, 2016 に投稿された
  3. なぜ仏像の目は半眼なのか 9月 15, 2018 に投稿された
  4. 刃物にケガは付き物…か? 8月 2, 2015 に投稿された
  5. 同好会の作品展示 2019 6月 28, 2019 に投稿された