青春18きっぷ

この春、二十数年ぶりに青春18きっぷを使いました。JRの普通列車のみ1日あたり2370円で乗り放題となる切符です。乗り降り自由、と思うだけでワクワクします。

1回目が先に紹介した宇宙ミュージアム木組み美術館山種美術館のコース、2回目が上野公園で びわ湖長浜KANNON HOUSE-上野東照宮-東京芸大アートプラザ-黒田記念館-東京国立博物館のコースでした。トーハクは今、東寺展をやってましてそれをメインに。

びわ湖長浜KANNON HOUSEは高月町にある日吉神社の十一面観音坐像が展示されていましたがこれがとてもいい姿で。小さいのですけどね。公式サイトの写真より実物の方がずっといいです。

トーハクは庭園が開放されていて初めて入りました。金土曜の夜間はライトアップするそうです。東寺展とお気に入りの展示を回ってハニワにも再会。今回もやっぱり可愛かった。思わずハニワグッズを買いそうになるくらい。写真撮ったのだけど手違いで全部消えてしまいました。

東寺展は帝釈天騎象像がさすがの麗しさ、乗っている象の作りもいいなぁと眺めました。第1展示場は書物などの展示がほとんどで私には興味のない世界だったので、第2展示場ばかり何度も周り直して見ました。またトーハクから出なければ再入場可能で、庭園や他の常設展示を見て帰る前にもう一度、ささっと東寺展の仏像を楽しんでいくなんて贅沢をしてきました。

上野公園は桜吹雪の時期になるだろうと予想して計画したら、満開の日に当たってしまい花見の人出がすごくて、通り抜けるだけでヘロヘロ。桜はきれいだったんですけどね、人が多すぎて人酔いするというか。
桜吹雪の中を歩くのは大好きなのです。風が吹くと花びらが渦巻いて舞う瞬間が現実とは思えないくらい美しい。

で、肝心の18きっぷですが神奈川-東京間の混雑と静岡県内が長くて飽きることを除けば快適です。時間はかかりますけど。快速アクティに乗ると激しく混む(静岡県民目線では)ことを理解したので次はそれを避けようと思います。

帰り道は「疲れたなー。次乗るとしたら1年くらい先でいいや」と思うのに、帰るとまたすぐ18きっぷで乗りたくなるのはなぜでしょう。新幹線だとそうはならないんですよ。普通列車では車窓に流れていく景色を楽しんだり(外はちょうど桜満開)、暇な時間そのものを味わったり、乗る事自体を満喫するからだと思います。新幹線は速すぎて単なる移動手段になってしまうのでしょう。

ちなみに静岡県内は18きっぷで乗れる快速はありません。長い上に鈍行のみ。静岡県最東駅の熱海から西の新所原まで4時間近くかかるんだって。もし静岡を抜けるルートを取るなら途中下車して観光しないと、嫌になると思います(笑い)。

18きっぷは駅で買うと5回分まとめて(1万1850円)しか買えませんがチケットショップには3回分とか1回分とかがあります。1回あたりの単価は高くなりますけどね。ヤフオクにもたくさん出ますよ。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  2. 観音様とマリア様 6月 2, 2016 に投稿された
  3. 仏像ハンコ 2月 12, 2017 に投稿された
  4. 明日から同好会の2019作品展 8月 16, 2019 に投稿された
  5. なぜ仏像の目は半眼なのか 9月 15, 2018 に投稿された