木組みのワンダーな世界

2019年4月3日 [ CAT 雑記] [要素:]

山種美術館宇宙ミュージアムTeNQと紹介してきましたが同日訪れたもう1軒が木組み博物館。日本の伝統技術である木組みによる工法の実物模型展示と、触ってばらして組み立てて体験できる空間です。

寺社の梁模型

梁の模型 すごく複雑

今でも寺社に使われている木組みの技術は、金属を使わず木材だけで十分な強度と耐久性を実現できる素晴らしいもの。しかも実際に自分で組み立ててみるとその面白さにハマります。何でしょう。立体のパズル感覚かな。

木組みパズルの中

柱のくり抜きも複雑な形


木を組みこむ 左右

左右に木を組みこんで木杭を差す

前後木を組みこむ

次に前後方向を組んで木杭

上の写真は実際に触って体験できる木組みのひとつです。ただはめ込むだけでなく、上から入れて下へ落とし込むなど、立体の組み合わせの妙に感嘆します。こんなのがいっぱい。中にはどうやってばらすのか分からない物も。

自分の手を動かさないと、ただ眺めるだけでは大して面白くないでしょう。もし行くなら全部組み立て直すくらいの気合でどうぞ。入場無料ですが面白かったら寄付もよろしく。

裏隣の敷地には穴八幡宮という神社がありました。たいそう立派な社殿でびっくり。ボタン?がきれいでした。
ボタンの花

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 9月 10, 2018 に投稿された
  2. 豆炭あんか 2月 2, 2018 に投稿された
  3. 死んだらやりたい事がある(あった) 4月 1, 2019 に投稿された
  4. 形の先にあるもの 4月 17, 2019 に投稿された
  5. 大型犬の抱っこ 8月 15, 2018 に投稿された