知識と実践は全くの別物

2019年3月27日 [ CAT 雑記] [要素:]

器のギャラリー光で禅の食事作法を体験できる会に参加しました。ガチガチの修行レベルな食事ではなくソフトに体験するものです。

1分間だけ全く私語無しで食べてみる時間がありまして。そうすると自分の食べる音が響くのです。修行僧はたくわんさえも音を立てずに食べるという話題をかつて某探偵番組でやっていたのを思い出しました。その時はテレビを見ながら「へー、すごいねー」と言っていたのが、実際にそれをやろうとして、それがいかに困難なことか実感しました。

知識として知っていた禅の作法に対する感覚と、実際にそれを行動してみて感じることとは全く違うものでした。きっと今の私にはそれが必要なメッセージなのでしょう。頭でっかちになる前に動け、ってか。
一汁一菜

それはさておき、食べることに意識を集中して全力で食べる経験というのは普段あまり無いように思います。今回の食事会は貴重な経験になりました。食事自体は普通においしいマクロビオティック(玄米菜食)で病み上がりにはうってつけの内容、おかわりもできて意外とお腹もいっぱい。「これ続けたらやせるねー(笑い)」という声も。

目の前の事に集中して丁寧に精一杯それをするのが禅の修行なんですよね。それが食事であっても歩くことであっても。ティク・ナット・ハン氏の言葉にもありました。今ここを全身全霊で生きるための手法であると。そんなことも思い浮かべながらの食事でした。

店主の恵子さんとも久しぶりに会えたし、思いがけず円空彫りの救世観音像も鑑賞でき、楽しい晩となりました。実はその前日まで扁桃腺が腫れてダウンしていたので、動けるようになって本当に良かったです。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 9月 10, 2018 に投稿された
  2. 大型犬の抱っこ 8月 15, 2018 に投稿された
  3. うれしいトレペ 雑古紙のトイレットペーパー 6月 28, 2018 に投稿された
  4. 許されていると伝えることで意思疎通できない人の表情が変わる 7月 26, 2019 に投稿された
  5. 笑い文字 7月 6, 2018 に投稿された