教室と同好会

2019年2月20日 [ CAT 仏像彫刻周辺の話] [要素:]

仏像彫刻@静岡の記事「教室と同好会の違い」に、かつてを思い出しました。

私は最初が先生のいる教室でなければ続かなかったなぁ。そもそも仏像そのものには特に興味もなくただ木を彫りたいだけ、半年やったら乗馬教室へ移るつもりで始めた程度で、同好会でやっていくだけの「熱」が発生したのは仏像彫刻を始めて3年目でした。それまでは同好会にも籍は置いていたものの、たまに彫刻刀を砥ぎに行くか忘年会に出るか、くらい(笑い)。

同好会の皆さんはそれでも受け入れてくれました。人それぞれのペースがあり事情がありますので、参加するかしないか、出席頻度はどのくらいか、それぞれです。長らく顔を出さなくても来れば歓迎、の姿勢がとてもありがたかったので近頃皆勤賞の私もそれを心掛けています。趣味なのだから無理して頑張る必要もないと思うのです。彫刻は引退して忘年会要員となった方もいます。

教室の方は、その場に行って先生に言われたことを言われたとおりにやっていけばいずれ完成します。言われたとおりにできなくても、多少出来は劣りますが完成には至ります。

でも同好会では誰も「やりなさい」とは言わないから自分でやらないと完成には至りません。自由度が高い分、動力も自家発電が必要な感じ。

今の私にとっては、教室も同好会も両方必要です。互いに補い合っている存在。それぞれの場でないと会えない仲間もいるし、それぞれの良さがあり、どちらも大切な場です。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 松本明慶 佛像彫刻展@静岡伊勢丹 August 26, 2019 に投稿された
  2. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない May 20, 2015 に投稿された
  3. 今週末 立川での教室作品展に出展します October 28, 2019 に投稿された
  4. 観音様とマリア様 June 2, 2016 に投稿された
  5. なぜ仏像の目は半眼なのか September 15, 2018 に投稿された