ケガ時に助けとなった民間療法

2018年11月28日 [ CAT 雑記] [要素:]

病院での治療と併用しても大きな助けになる療法です。ご参考まで。

その力を思い知ったのが里芋パスタ―(湿布)。おばあちゃんの知恵的な昔ながらの民間療法ですが、炎症部分の熱を吸い出す力は恐るべきものでした。4時間ごとに貼りかえることたった5回(1日)、風邪で例えれば高熱が微熱にまで下がりました。そこから平熱までは3日かかりましたが病院の薬では全く変化なかったのだからすごい効果です。アイシング不要となりました。

熱が取れたということは炎症が治まってきたということで、「大丈夫、これで治っていく」と精神的にも安心感を持って過ごすことができました。

自分で作るなら皮をむいた里芋をすりおろして重量の10%のショウガすりおろしを加え、小麦粉を混ぜて耳たぶくらいの軟らかさにして患部へ貼り付けます。ガーゼを乗せて固定し、4時間で効果がなくなるのでできれば4時間ごとに貼り替え。市販品は乾燥粉末になっており保存もできて便利です。

1日1回だとあまり効果を実感できないかもしれません。できれば1日3回以上は貼り換えた方が治りは早いと思います。

それから鍼(はり)。患部の治癒を促したり、怪我のせいで起こる他の部位への痛みにも対処可能。子供の頃、ひどいねんざをして病院では何もできず足を着くことすらできなかったのに1回の鍼治療で7割方腫れが引いた経験がありまして、以来、鍼には絶対の信頼を置いています。今回も助かりました。また治療を終えた今も、鍼を刺していたツボに家で温灸をしてケアしています。

私は、東洋医学を学んだうえで鍼を施す施術者を選んでいます。鍼の技術だけ学んだ人だとコワイ…。

もうひとつ忘れちゃいけない、ナスのへたの黒焼き(デンシー)。これは歯磨き粉です。まともに歯を磨けない状況で、市販の歯磨き粉使用だったら数日のうちに知覚過敏に襲われたでしょうが、これのおかげで1ヶ月、何とか歯磨きできるようになるまで乗り切れました。歯槽膿漏の方にもおすすめ。市販品には野草粉なんかもありますけど歯茎に問題あるならデンシーイチ押し。

他にもフラワーエッセンスやホメオパシーやハーブ・薬草茶、高圧酸素療法などなど、主に東洋医学と代替医療分野、時々最新技術のお世話になりました。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 September 10, 2018 に投稿された
  2. 豆炭あんか February 2, 2018 に投稿された
  3. 曼殊院門跡 November 5, 2019 に投稿された
  4. 静岡県の名宝展 浜松市 November 18, 2019 に投稿された
  5. うれしいトレペ 雑古紙のトイレットペーパー June 28, 2018 に投稿された