御神木

2018年8月7日 [ CAT 彫刻用品] [要素:]

富士山麓の御神木だったクスノキを譲り受けました。私用に少し分けてもらったらあとは、ぽちの和・木彫り同好会へ。これでmy仏(うちのコ)を思う存分彫っていただきましょう。

バンドソーで切るつもりでいたら少々高さがはみ出してしまい、機械に入りませんでした(うかつ!)。なので手作業でノコ挽きすることに。

色々考えたのですよ。この暑いのに汗だくでノコ挽きしなくてもいい方法がないかなと。高さをカットするとか、やりようはありました。でもそこでふと思ったのです。御神木として長い年月を生き抜いた体を切るのに「労力を使いたくない」なんて、この木に対して失礼だなって。それに、せっかくならこの大きさのまま届けたい。

もちろん、丸ごとかけられる機械があれば使いますよ。でも、ゆっくり時間をかけて丸太をノコ挽きする体験が一生に1回くらいあってもいいんじゃないかと思うのです。やるのであれば手間を厭う事なくかけましょうぞ。

横挽きだったらそんなに時間はかからないのだけど、これは縦挽きなのでなかなか進みませんでした。少しずつ切っては休憩し、匂いを嗅いで樟脳の良い香りを楽しみ、また切ってはクスノキの生きた時代に思いを馳せ。途中、お茶を飲んだりテレビを見(聴い)たりしながら、いつかは切れるとのんびり構えました。
御神木のクスノキ

昔の人って、こうして切ったわけですよね。もちろんもっと大きなノコギリで短い時間に切り終わったでしょうけれども。木材として認識して扱うとそれは単なる物質でしかなく、条件の良否ばかりを考えてしまいますが、こうして丸太に近い状態から手作業で切り出すと木の生きた証を感じます。生き物だったんだなって。それに木材のありがたさも身に沁みます。

これで平等院にある雲中供養菩薩のお地蔵さん(南12号)を浮き彫りしたいと思ってます。瑠璃観音の台座が終わったらね。一体いつになる事やら。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 新しい彫刻刀♪ 4月 29, 2016 に投稿された
  2. 彫刻台新調 11月 20, 2017 に投稿された
  3. HAZUKIルーペ買いました 1月 29, 2018 に投稿された
  4. 革砥を自作する 1月 9, 2018 に投稿された
  5. 彫刻刀砥ぎ機 5月 8, 2015 に投稿された