良いも悪いも

2018年6月6日 [ CAT 雑記] [要素:]

友人が聞かせてくれた話です。その友人は今、自分に要らない物事を手放す作業の真っ最中で色々勉強もしていて、熱く語ってくれました。話している中で印象に残った言葉がこれ。

「悪い」だけでなく「良い」と思う事も手放す。それが本当の解放。

なるほどなぁと思ったわけです。自己啓発を始めると「悪い」ネガティブ感情・価値観だけを手放そうとするものだけど、本当はその対極にある「良い」もひもの両端でつながっているのだから、両方手放さないといけないんですね。

良いとか悪いとかジャッジする事自体が傾いている状況で、良いも悪いもない、ただその事実が存在するのみというのが本当に手放した「中庸」なのでしょう。片方だけ放してもひもの端っこを握ったままでは手放すことはできない、と。

目からうろこが落ちたような感覚でした。人間だから常に中庸ではいられないけれども、それほど大きくない振り幅で行ったり来たりしながら中央辺りをうろうろできたらいいなぁ。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 9月 10, 2018 に投稿された
  2. 友達の定義 6月 5, 2019 に投稿された
  3. 岸見一郎講演会『成功ではなく、幸福について語ろう』 6月 7, 2019 に投稿された
  4. うれしいトレペ 雑古紙のトイレットペーパー 6月 28, 2018 に投稿された
  5. 苦しみを幸せに変える人生を 4月 6, 2018 に投稿された