お正月飾り 2018母用

2017年12月28日 [ CAT 習作] [要素:, ]

母のベッド脇へ置く鏡餅。去年と同じ物だけど飾り方を変えようと思ってここまでセットしたのに、思い立って作った門松に変更。
2018鏡餅
2018門松

竹の下はかごのようにしてあり1本の角材から彫り出してあります。分けて作る方が手間なので。節の途中でカットした、笑う口みたいな形は縁起が良いらしいです。という事で、真似てみました。門松は飾りの部分が、彫り出すには難しく、しかも私は華やかに飾り付けるのが苦手なのでもうこのままと致しましょう。

昨年は直に紙を敷いて餅を置いたのですが、どうやら施設の方が掃除するのに邪魔となってしまったようなので、今回は片手で持ち上げて拭けるようにしておきました。

餅はうちへ置きますかね。忙しい毎日なのにやるべき事&やりたい事はいっぱいあって、それはありがたい事ではありますが、お正月にはゆっくりしたいなというのも正直なところ。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 富士教室へ突撃(笑い)&菩薩半跏像粗彫りから小造りへ April 2, 2020 に投稿された
  2. 自分用の白衣観音完成 November 1, 2016 に投稿された
  3. 白衣観音 荒彫り July 17, 2016 に投稿された
  4. 白衣観音2体の比較 November 12, 2016 に投稿された
  5. 母の白衣観音完成 September 5, 2016 に投稿された