通勤ラッシュ

2017年10月16日 [ CAT 雑記] [要素:]

25年ぶりに東京の通勤ラッシュを経験してしまいました。いやー、東京の人ってこれを毎日やって暮らしているなんてすごいねー。

先に書いた友人のサロンへ出向くため、8時過ぎの電車に乗ってしまったわけです。ラッシュ、なんて言葉はこれっぽっちも頭に無くて、電車に乗り込んだところで「むむむ、これはもしかしてラッシュってやつか?」と気付いた次第。←遅すぎ

どんな状況かというと、まず駅員さんにぎゅうぎゅう押されて詰め込まれる。私はカート付きの荷物を抱えてリュックを背負っていたのですが右肩から先がまだドアの外に出ていました。もう中が一杯だから入らないんです。で、駅員さんが私を押し込みつつ私が挟まれないよう配慮してくれてドアを閉める。

電車の中では足の位置と上体と荷物がおかしな位置関係にあり、それを腕で支えていました。たった一駅だから大丈夫かなと思って。翌日はしっかり腕が筋肉痛。

ドアの横にいるから降りるのは簡単、と思っていたら目的地では何と反対側のドアが開くじゃありませんか!
「すいません、降りまーす!降りまーす!(降ろして~~~・半泣き)」
と声を掛けつつ、前の人と横の人が同じ駅で降りてくれたので何とか流れについていって降りることができました。このまま遠くの駅まで行ってしまったらどうしようかと本気で心配していたので、心底ほっとしました。

25年前、当時勤めていた会社の研修で8時半に会場入りすることとなり、新幹線で東京駅まで出てそこから浜松町までラッシュの電車に乗りました。ボストンバッグを持って車両の中ほどまで押し込まれたものだから、荷物が人混みに引っ掛かって出てこず、危うく荷物だけ次の駅へ行くところでしたが、周囲の方々が荷物を送り出してくれて何とか出ることができました。あの時も半泣きでしたね(笑い)。こんな混雑の中でみんな何て親切なんだろうとしみじみ感じ入ったものです。

今も昔も東京のラッシュ時電車に乗っていた皆さん、お世話になりました。というかご迷惑をおかけしました(^^;
でもおかげさまでその後に良い時間を過ごせました。ありがとうございました。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 9月 10, 2018 に投稿された
  2. 友達の定義 6月 5, 2019 に投稿された
  3. 岸見一郎講演会『成功ではなく、幸福について語ろう』 6月 7, 2019 に投稿された
  4. うれしいトレペ 雑古紙のトイレットペーパー 6月 28, 2018 に投稿された
  5. 苦しみを幸せに変える人生を 4月 6, 2018 に投稿された