1尺(30cm)と6寸(18cm)

2017年8月4日 [ CAT 習作] [要素:, ]

今作っている仏頭は1尺の聖観音と同じ大きさです。1尺は約30cmで、仏像の場合は足底から額の白毫までが1尺となります。なので頭のてっぺんまでだと30cmよりもう少し大きくなります。

6寸(約18cm)の瑠璃観音の顔と比べてみました。高さにして6割ですが随分大きさが違います。顔の大きさ4倍くらいある?
1尺と6寸

1尺の仏像は、実際に作るとなると「うーん、大きいなぁ」と感じるサイズです。作ろうと思うには気合や勢い(笑い)が必要。でも飾ると見映えするサイズでもあり、展示会に出すなら1尺は欲しいと感じます。

私は用材の都合から6寸の物しか作ったことがないのですが、1体くらいは1尺で作ってみたいです。木材の値段とか技術的な事とか完成後の置き場所とか、色々ネックになる事はあるのだけど。

大きければ細かい部分は作業しやすいけれどもバランスが崩れやすく、小さければバランスは取りやすいけれども細かい作業が大変です。大きくても小さくても難しい部分があるのですな。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 白衣観音2体の比較 11月 12, 2016 に投稿された
  2. 救世観音 5月 26, 2015 に投稿された
  3. 母の白衣観音完成 9月 5, 2016 に投稿された
  4. 祈りの仏像彫刻 1月 10, 2016 に投稿された
  5. 自分用の白衣観音完成 11月 1, 2016 に投稿された