截金(きりかね)

2016年12月1日 [ CAT 仏像彫刻周辺の話] [要素:, ]

仏像を彩る金箔模様を截金(きりかね)というのだそうです。教室でそれに仲間がトライしているのを見て初めて知りました。金箔を線に切って貼るのですね。すごく細かい、神経を使う作業です。

先日紹介した『大佛師 松久宗琳』 新版に成田山新勝寺の菩薩さまがカラーで載っていて、その華麗で緻密な美しさにしばし見惚れました。そこで初めて截金という言葉を意識した次第です。素の木目もいいけれど、こんなに見事に装飾されたらありがたい感も増す気がします。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  2. 観音様とマリア様 6月 2, 2016 に投稿された
  3. 刃物にケガは付き物…か? 8月 2, 2015 に投稿された
  4. なぜ仏像の目は半眼なのか 9月 15, 2018 に投稿された
  5. 出展します 第23回宗雲仏像彫刻教室展示会 10月 29, 2016 に投稿された