教室の魅力

2016年3月31日 [ CAT 仏像彫刻周辺の話] [要素:]

仏像彫刻の教室で新しいことをあれこれ教えていただいています。本格的な仏像は初めてということもあり(今まではデフォルメタイプを作っていたので)、聞いていると「へえー、そうなんだ」「あ、そういうこと?」という内容がたくさんあります。

仏像彫刻の本を見てそれに沿ってやっていくと本の通りにするのが正しいのだと思ってしまうのですが実は、そうでないことも多々あるようです。本のやり方も正しいけれども違うやり方でもOKだとか、状況に応じて柔軟に対応可能であるとか、たまに本が間違っていることも。

なぜそうするのか、そうすると何が変わるのか、そんなお話も聞けたりします。本職はさすが違うなぁ、教室に通っていて良かったな、面白いなと思う瞬間です。
蓮華座と反花制作中

独学もいいですが、一時期だけでも教室に通ってみるのもいいと思いますよ。教えてもらえることがあるのと同時に、周りの人たちとちょっとしたおしゃべりや情報交換ができるのも魅力です。私は教室に行くとエネルギーが充電される気がします。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  2. 観音様とマリア様 6月 2, 2016 に投稿された
  3. 刃物にケガは付き物…か? 8月 2, 2015 に投稿された
  4. なぜ仏像の目は半眼なのか 9月 15, 2018 に投稿された
  5. 出展します 第23回宗雲仏像彫刻教室展示会 10月 29, 2016 に投稿された