お焚き上げ

2016年3月21日 [ CAT 仏像彫刻周辺の話] [要素:]

お役目の終わった仏さまや、どうにも納得いくものにできなかった作品の端くれたちを焚き上げて灰を大地に還しました。感謝を込めながら。
お焚き上げ

ここのところ、公私共に色々あり心がざわついて落ち着かない時間を過ごしていました。そういう状態の時は人様に持ってもらう仏像は彫れないので(できる限り透明な状態で彫りたいのです)、試作品を作ったり趣味の仏像の台座を彫ったりしていました。ここまで揺れることってそうそう無いのですけどね…。

が、それも気持ちの切り替えができそうです。仏さまを焚き上げるのと一緒に私の雑念も浄化してもらえたように感じます。

お彼岸を新しい日々の始まりとして、また進んでいきましょう。

(注意)少量であっても焚き付け材を組んで仏さまをきれいに燃やしてしまうには薪をくべる技術が必要です。住宅街だと煙の問題も発生します。やったことのない方は無理せず神社等に奉納してください。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  2. 観音様とマリア様 6月 2, 2016 に投稿された
  3. 刃物にケガは付き物…か? 8月 2, 2015 に投稿された
  4. なぜ仏像の目は半眼なのか 9月 15, 2018 に投稿された
  5. 出展します 第23回宗雲仏像彫刻教室展示会 10月 29, 2016 に投稿された