二重あごと三道

2016年1月21日 [ CAT 仏像彫刻周辺の話] [要素:]

中村梅之助さん死去のニュースで初代遠山の金さんの写真が出ているのを見て「二重あごに三道がこんなにもきれいに出ている人がいるんだ…」と妙な部分で感動してしまいました。マニアックな話題ですいません(^^;

梅之助さんの写真は時代劇チャンネルからお借りしました。
遠山の金さん
二重あごと三道

仏像の首にはしわが3本刻まれていて三道と呼ばれ、これが「仏」である証らしいです。3つの煩悩だとか3つの学びだとか、その意味には諸説あるみたいですがはっきりは分からないようです。でもね、二重あご標準装備ってところが、中年となった身にはちょっと安心できたりします(笑い)。

梅之助さんのご冥福をお祈りします。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 松本明慶 佛像彫刻展@静岡伊勢丹 8月 26, 2019 に投稿された
  2. 観音様とマリア様 6月 2, 2016 に投稿された
  3. なぜ仏像の目は半眼なのか 9月 15, 2018 に投稿された
  4. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  5. 第40回記念 草仏展@名古屋 5月 8, 2019 に投稿された