何に重きを置くのか

2015年11月1日 [ CAT 雑記] [要素:]

仏像を売る立場の方と色々お話しさせていただく機会を得まして、色んなことをチェックし直している現状です。

例えば、売れ筋にするためにこだわりのある形状を一般受けする形へ変えるか否か。この辺は即答で「否」です。たくさん売りたいわけじゃない。可愛い置物を提供したいわけでもない。本当にこれを必要としている人、前に進もうとしている人に持ってもらい、これをそばに置くことで前を向いて生きていく支えになればそれで十分。

ただその一方で、知ってもらえなければ必要とする人にも渡りません。そのためには単なるニッチを狙った商品であってはいけないようにも思います。また、私の中でこだわっていることが独りよがりなだけの可能性もあるわけです。独りよがりとこだわりは違いますよね。そこを客観視するには他者の目が必要です。効率化だって大事なことで価格に直結します。でもそれだけを追及したら心が置いてきぼりになってそれを作る意義がなくなってしまいます。どこまでやるかの線引きも必要だし、創意工夫する意識も必要だと思います。

自分は何を重視するのか、これによって何をしたいのか、改めて見直していく機会を与えられたような気がします。

人生に無駄な経験はない。起こること全てに意義がある。ただし、それを活かせるかどうかは自分次第。必要な時に必要なことが起きると信じて日々起こることに向き合っています。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 9月 10, 2018 に投稿された
  2. うれしいトレペ 雑古紙のトイレットペーパー 6月 28, 2018 に投稿された
  3. 藤枝駅前で大学の無料講座 4月 25, 2019 に投稿された
  4. おしょうろ様 7月 20, 2017 に投稿された
  5. 笑い文字 7月 6, 2018 に投稿された