年齢の重ね方

2015年10月25日 [ CAT 仏像彫刻周辺の話] [要素:]

先の「永遠のライバル」(笑い)も含め、仏像彫刻仲間は私よりずっと年長の方が多く、人として尊敬できる方たちで人生についても仏像についても勉強になります。

最近感動した一言はこれ。「分からないときはとりあえずやってみる」

仏像彫刻についての言葉なのですが、その方はきっと仕事でもそうやってきたのだろうなぁと思いました。私は分からないとそこで止まってしまいます。やってみないと分からないことが人生には多いのだ、ということを最近やっと理解し始めた程度で。頭でっかちなんですよね。分からないから止まったまま分かるまで待っていたら、一生止まったまま終わるかもしれません。

仏像彫刻との向き合い方を見ているとその方がどんな生き方をしてきたか透けて見えるような気がします。

お仲間の皆さんには敬服するばかりです。社会生活で一仕事終えた方たちというのは本当にすごいな、と思います。年を重ねるってこういうことなんだとしみじみ感じ入ります。大らかで率直なのも私は好きです。当事者に言わせると「年取ると細かいことが面倒くさくなるし、我慢ができなくなるのよねー(笑い)」だそうですが。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 松本明慶 佛像彫刻展@静岡伊勢丹 8月 26, 2019 に投稿された
  2. 観音様とマリア様 6月 2, 2016 に投稿された
  3. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  4. 得の高い魂ー若くして亡くなることに思う 12月 21, 2018 に投稿された
  5. なぜ仏像の目は半眼なのか 9月 15, 2018 に投稿された