永遠のライバル

2015年10月24日 [ CAT 仏像彫刻周辺の話] [要素:]

1ヶ月違いで教室に入会した方がいるのです。私より1ヶ月だけ早く仏像彫刻を習い始めて、同じテーブルでベテランの先輩から共に指導をいただきました。

ずっと年長の、人生の先輩でもあるその方ですが私にとっては「永遠のライバル」です。その方が頑張っているのを見ると「私ももう少し頑張ってみよう」と思いますし、グンと腕を上げた時には「置いて行かれてなるものか(ひゃー)」と焦ったりします。いえ、勝手に私がそう思っているだけでしょうけど。

と、そんなことを話したらご本人笑ってましたが。

他のことでもそうですが同時期に同じことを学び始めた者同士は、良き仲間であり競い合う相手でもあるのですね。ひとりではやる気を維持できなくてもライバルがいれば共に上を目指せます。「あの人にできるなら自分にもできるかもしれない」と訳もなく思い込んで(笑い)頑張ってみたり。色んな違いを超えて仏像彫刻においては対等であることができるように感じます。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 松本明慶 佛像彫刻展@静岡伊勢丹 8月 26, 2019 に投稿された
  2. 観音様とマリア様 6月 2, 2016 に投稿された
  3. なぜ仏像の目は半眼なのか 9月 15, 2018 に投稿された
  4. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  5. 第40回記念 草仏展@名古屋 5月 8, 2019 に投稿された