写経でペン習字

2015年9月6日 [ CAT 仏像彫刻周辺の話] [要素:]

たまに写経をしています。といっても功徳を求める気持ちはなくて、細筆の練習をしたいがためです。お金をかけず気ままに筆遣いを習うにはいいかなと思いまして。

以前は作品の裏に刻む銘を鉛筆やボールペンなどで書いておりました。しかしある日、制作の参考として拝借した先輩の仏像にあった筆書きの銘見て、素敵だなと感じたのです。どうせ書くなら筆で書いた方がカッコイイ。私も筆で書きたい。

でも子供の頃から細筆は苦手。なんたって書道で一番好きなのがだるま筆で書く書初めですからね。太い筆で大きく描くのは大好きだけど細筆で小さく名前を書くのがどうにも…。かつてご祝儀袋に書いた筆ペン文字を母親に笑われて以来(母は細筆が上手)、筆ペンは避けていました。

そんな状況でしたが一念発起、苦手だけどカッコイイ銘にしたくて頑張りました(笑い)。ネットで書家手書きの般若心経手本(同ページに写仏手本もありますよ)をダウンロードし、書道用半紙と筆ペンを文房具店で購入。手本を半紙サイズに印刷して下敷きとし、なぞって使っています。余談ながら文房具店にあった呉竹の写経セットも手本の文字が美しいと思いました。

1枚書くのに1時間。最初の1枚は手が筆に慣れず1時間半かかりました。一時期、手を傷めて彫れない時期には彫る代わりに毎日運筆の練習をしていました。文字を書くのも筋肉運動ですから、正しい手本に沿って繰り返せばそこそこ上手になります。心を落ち着けるにもこの作業は適していると思いますよ。

購入した半紙1袋を書き終えたら庭で燃やして土に還すつもりです。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 松本明慶 佛像彫刻展@静岡伊勢丹 8月 26, 2019 に投稿された
  2. 観音様とマリア様 6月 2, 2016 に投稿された
  3. なぜ仏像の目は半眼なのか 9月 15, 2018 に投稿された
  4. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  5. 第40回記念 草仏展@名古屋 5月 8, 2019 に投稿された