図書館を活用する

2015年7月11日 [ CAT 仏像彫刻周辺の話] [要素:]

仏像彫刻の本はあまり書店にありません。売れ筋でないからだと思いますが。私はまず図書館で借りて中を確認してから、必要と思った物は買います。必要なページだけコピーすることもあります。仏像彫刻仲間が持っている場合は見せてもらうことも。

仏像関連の本って高いですよね。全て買っていたらお金も収納場所も大変なことになりますから。

今は便利な時代で、例えば静岡県なら県立図書館のHPから横断検索をかければ県内全ての公立図書館の蔵書が表示されます(在住地の図書館からも横断検索はリンクされていると思います)。近くにあれば直接見に行くこともできますし、県内のどこかにあるならその本を住地域の図書館へリクエストすると取り寄せてくれます。県内にない場合は県外で探してくれるようです。ありがたや。

資金も場所も十分ある人は別としても、図書館の活用をおすすめします。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 松本明慶 佛像彫刻展@静岡伊勢丹 8月 26, 2019 に投稿された
  2. 観音様とマリア様 6月 2, 2016 に投稿された
  3. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  4. 得の高い魂ー若くして亡くなることに思う 12月 21, 2018 に投稿された
  5. なぜ仏像の目は半眼なのか 9月 15, 2018 に投稿された