FBのUI(ユーザーインターフェイス)に馴染めない

フェイスブックの企業団体用ページを利用しておりますが、FBはどうにも分かりにくく使い勝手が悪くて慣れることができません。なんでメッセージはあんなに小さい小窓なんでしょうか。
FBページ

そもそもFBの機能は大きなお世話なものが多くて、行動を監視されるようで苦手です。SNSだからそういうものなのでしょうけども。これでもネット利用歴20年近いんですがどうにも苦手感がぬぐえないのは…FBは今どきな手法で、そして私が今どきな方法でないやり方を好むからでしょう。

FBを使っている人って不満はないのかなぁ。無いから使い続けるんでしょうね、きっと。

ショッピングカート

現在レンタルしているネットオウルのショッピングカートが6月でサービス終了なのだそうです。私としては一番使いやすかったので有料でもいいから続けてほしかったのですが、採算が取れないのでしょうね。残念。
shop-star

無料なのにショッピングカート不具合への対応もとてもきちんとしていて誠実で、こういう世界では珍しい存在だと思います。一般的なサーバレンタルサービスなんて有料でもサポートがひどいもんですから。ネットオウルのドメインサービスはこれからも続いてくれるよう祈ります。

6月までに新しいショッピングカートを決めて作成しないといけません。結構な大仕事なので頑張ります…。

クレジットカード決済

オンラインショッピングにカードが使えれば便利ですよね。私はネットでの買い物によく使います。が、売る側からするとカード会社の審査に通るのは難しそう。手数料も結構するし、個人事業主にとってはハードルの高い決済方法です。

あれこれ調べてたどり着いたのが Square というモバイル決済サービスです。

iPhone等へ専用アプリを入れてから簡易カードリーダー(無料配布)を装着してその場でカードが使える、というのがメインのサービスらしいのですが、それ以外にも通販で購入した物のカード決済用URLをメールで送ることもできるそうです。Squareインボイスという方法で、購入者はメールに書かれたリンクをクリックしてカード情報を入れるだけ。セキュリティはもちろん配慮されています。店側にカード情報は一切入らないので購入者側も心配がひとつ減るでしょう。

写真は7インチAndroidタブレットにカードリーダーを装着した状態です。ネットのつながる環境ならどこでも使えます。
Squareカードリーダーonアンドロイドタブレット

Paypalのメールリンク型カード決済は前から考えていて、でも悩む部分もありまして。Yahoo!ウォレットFastPay やSPIKE等のサービスも検討したのだけど内容を見ても言葉が理解できず、小難しくて使えそうにない。

それが Square だと問題なし。手数料は決済額の3.25%のみ、シンプルで素人にも使いやすいシステムだと思います。カードリーダーはイベントやフリーマーケットで活躍しているそうです。審査も、私が通ったのだから既に事業展開中の方なら問題なく通るでしょう。ただ、カード払いする立場から言えば悪い細工もできそうなリーダーなので、フリマで知らない人から買ってスキャンさせたくはないかな。

商品ページにカード払いのリンクをつけたい場合は使えませんが、私みたいに後からメールで決済ページを送りたいとか、対面でカード払いを取り入れたい場合には良いのでは。

太陽に拝め

先週からHPの一番上、天先案内人というサイト名がある部分の背景に小地蔵さんズを置きました。6体並んだ小地蔵さんたちが夕日を受けながら拝んでいる姿です。

密かに「太陽に吠えろ」を意識しております。題して「太陽に拝め」(笑い)。いや、太陽の方向いてないけど。

「太陽に吠えろ」なんて、知ってるのはもしかして中高年世代?私は今でもこの言葉を聴くと頭の中にあの音楽が流れるんですが。「ちゃらちゃ~、ちゃちゃら~、ちゃらちゃ~」と。古いですね(^^;

ちなみに夕日はハワイ島マウナケア山頂から撮ったものです。すばる望遠鏡のある位置で。そして、うちで撮った小地蔵さんズを切り抜き夕日の風景に貼り付けて作りました。なかなか気に入っています。ちゃんと表示されてますかね。PCと画面の小さいスマホだと表示される範囲・大きさが違うと思います。私はPC版の方が好みかな~。

ミニカード(ミニ名刺)

HP用の小さな名刺を注文しました。前回初めて作ったのは pocketer という日本メーカーのものでしたが今回はイギリスのメーカー MOO をお試しで。最小単位が前者は25枚1260円(税・送料込)、後者は100枚12.44ポンド(現在2400円弱 税・送料込)。

MOOは日本語フォントが使えるのかよく分からなかったので、文字入れ面は文字データではなく下のようなJPGで作った画像データをアップロードして作りました。画像にすれば好きな書体が使えます。今回はりいポップ角R使用。文字太め大きめ。pocketer の文字だと同年代から「字が小さい(読めん)」と苦情が来るんでね(笑い)。QRコードも画像データに組み込み。QRのススメなら大きいサイズが作れます。試してみましたがちゃんと認識してました。

単価と裏面(文字入れ)はMOOの勝ち。
ミニカードテキスト
ミニカードMOO

上は画像データそのものです。下が印刷された色。ちょっと違いますよね。

裏面は好きな写真が入ります。私は小地蔵さん3種類にしました。残念ながら色味が1種類イマイチで、一面の菜の花の黄色が黄緑になってしまっていました…。これを見た人からは「茶畑」と喜んでもらえたので、静岡県だし、まあいいかと。

でもこの色はないよねぇ。次はどうするかな…。うちのWindows機で見る黄色を黄色として印刷してもらうにはCMYK対応の高級画像処理ソフトで色補正する必要があるようです。その方がくすみも取れるみたいだからこだわるならそれもいいけど。いっそ背景を茶畑にしてしまうか(^^;