古着のシャツでランチョンマット

2019年2月18日 [CAT趣味の手作り] [要素:]

裂き織教室2回目はランチョンマット制作でした。今回は縦糸の張り方から教えてもらい、布から横糸も作りました。

やってみて思ったのは、織りの作業に入るまでの下準備にかなり手間暇がかかるんだなということ。織り自体はもっと手間暇かかりますが。ただ、こういう手間暇こそが最も大切なところなんじゃないかとも思います。
古着の横糸

青のボーダーが傷んだ所を避けてワイシャツから作った横糸。これで穴の開いた夫の服が生活に使用可能な布として蘇ります。当て布をして穴をふさいでも耐久性は劣ったまま。それが、糸として織ることにより実用に耐える強度を復活できます。私が裂き織に惹かれたのはそういう部分です。

シャツ1枚ではランチョンマット2枚分にちょっと足りないという事で、模様を入れた織りを教えてもらうこともあり、先生から布を分けてもらいました。麻布も初めて織りに使ったのだけど、「綿が使いやすい」と言われた意味が麻を使ってみて理解できました。確かに綿の方が織りやすい!

あとは柄の出方なんですが問題はそこでして…。今回、チェック柄にすべく織っていくも、どうにもピンとこない。配列のセンス無し。見栄えに関するセンスも無し。多彩な糸を使って美しく収めたチェック柄を見るとひれ伏したくなります。

でもね、センスはトレーニング次第で磨かれると人生の先輩が言うのだから信じてトライしていきます。ランチョンマットは次の教室で完成予定です。

織り機組み立て

2019年2月4日 [CAT趣味の手作り] [要素:]

購入した織り機は ashford リジッド機。最大織り幅40cmの初心者用、丈夫で使いやすいそうです。次の講座に向けて組み立てました。
ashfordリジッド機

思ったよりずっとDIY感のある作業でした。普段なら全く気にならない程度なのですが今は利き手が自由にならないもので。ちょっと頑張っちゃったかも。手が痛い…。力を入れて押さえる動作は親指に負担ですね。夫に頼めば良かったかなぁとも思いつつ、なんとか完成。

教室の前に自分でやってみたい…とはやる気持ちも、手の痛みで抑え込み。手が元気だったらと思うけれども、怪我があったからこそこのタイミングで裂き織を始められたわけでして、今は無理しないように我慢しましょう。いずれ好きなだけ手を動かせる日が来ますから。

教室へ行く前にネットで見ていた「さをり織り」機もいいなぁと思いますがあれは10万円くらいするんですね。まずはこれでやってみて上達したら考えればよし。先生の所にさをり織り機も含めて織り機は色々あるから相談に乗ってもらえますし。

ちなみに私が通うのは藤枝市の裂き織りノエ。サバサバして元気があって細やかな配慮も忘れない先生で、教室の日程はありがたいことに融通が利きます。先生が自分で栽培(!)した綿を糸にして自然素材で染色して使っているんですよ。すごいですね。
前回私がやった「手ぶらでコースター作り」は1日体験コースとして参加できるようですから、興味のある方はぜひ。

今日は立春。新しい何かが始まりそうな気がして、何となくワクワクしています。

裂き織習い始めました

2019年1月28日 [CAT趣味の手作り] [要素:]

3月まで仏像彫刻の教室を休むことにしたもので、その時間と費用を、以前からやってみたいと思っていた裂き織の教室に充てることと決めました。

まだ親指は指先が痛み、おまけに無理な使い方をしたせいで腱鞘炎を通り越してバネ指になりかけているため、彫刻はできない状況です。これで織物なんてできるのだろうかとも思いましたが、見学に行って話を聞いてみたら初日は手ぶらで出掛けて体験できる内容だったので、まあ何とかいけるだろうと見切り発車しました。

この日はコースターを織りました。次から使うための織り機も買いました。
裂き織コースター

チビッコ達にはちょっと大きいかな。一体何を相談しているのやら。

コースター上の仏さんたち

運動会のゴザ状態

作業自体はとってもシンプル。なのにできる物はバリエーション豊かで、織ってみないとどんな色柄になるか分からないワクワク感がありました。それに、不要となった糸や傷んだ布が新たな布として蘇るなんてすごいと思うのです。小地蔵さんを作っている大井川ひのき材の再利用につながる意識でもあり、古布から作る裂き織を選んだのはそれ故です。

次回は自分の織り機に縦糸をかける練習から入って、ランチョンマットを織るそうです。いずれ、もっと上手になったらやりたいことがあります。それは小地蔵さん・こまりちゃんの敷物を織る事。リクエストがあれば形見の服や着物で。

でも最初からそれを計算して行動すると裂き織を純粋に楽しむことができないような気がします。仕事のツールとしてしか見なくなりそう。だからまずはそんなの考えずに機(はた)織りを満喫して、そこから新しい展開があればそれも良し、という意識でいようと思います。仏像彫刻だってそうだったしね。