チラシ常設配置@あんしんりふぉーむ焼津ショールーム

2019年2月25日 [CATお知らせ] [要素:]

あんしんりふぉーむ焼津ショールームにてチラシ入れごと置いていただけることになりました。そんな事とは全く予想していなかったので驚くやらありがたいやら。取り計らってくれた友人にも感謝。

受付の前に他の様々なチラシと一緒に置いてあります。というか、立ててあります。もし機会がありましたら手に取ってみてください。写真を撮ってくるのを忘れました…。これは家で撮った写真ですが。
チラシ入れ

さて、新しいチラシ入れを作らなくては。あの形は結構気に入っていたのです。適当に作ったので同じ物をまた作ることができるかちょっと自信なし(笑い)。

言葉の違いは在り方の違い

2019年2月5日 [CATお知らせ] [要素:, , ]

ENGLISHページ、頑張って作りました。Google翻訳を主に使い、米語を操るEさんにチェックしてもらって、とうとう完成。

Eさんには「文法は間違っていてもいいので、感覚的に私の思いが伝わるかどうかをチェックしてほしい」とお願いしました。文法なんて滅茶苦茶でも、単語を並べただけでも、思いの伝わる文章ってあると思います。頭から頭へ、ではなく心から心へ伝わる言葉が。それを目指しました。私の意思を尊重してくれたEさんに感謝します。

英語で考えるのは、自分の意識を定めるのにとても良いトレーニングとなりました。

日本語って、主語がはっきりしないですよね。「誰が」が抜けていたり不特定多数だったり無生物だったりすることも多く、その主体は誰なのかぼんやりしています。でもそれを英語にしようとすると「誰が」「何を」「どうする」の3点を明確に意識しないと書けません。Google翻訳はかなり上手に翻訳してくれますがそれでも主語・述語・接続詞を正しく適切に使わないとおかしな内容になります。特に主語が間違っていること多し。

だからHPに書いた日本語を丸ごと翻訳にかけてもダメでした。元の日本語が不明瞭では、当然ながら正しい英語が出てこないのです。その、日本語があやふやであること(ひいては自分の意図が明確でないこと)に気づかせてくれたのが、英語への変換過程でした。

それともうひとつ、乏しい英語の語い故に、「最も伝えたい事は何か」を精査してそれ以外をそぎ落としていく作業も、意識の明確化に大きく役立ちました。できるだけ単純な言葉で思いを率直に伝える、それはとても重要で難しいことでもありました。

使う言葉が人を作る、という話があります。大抵は「ポジティブな言葉を使えばポジティブな生き方ができる」みたいな話の時に出てくるのですが今回、自分の思いを英語に変換する中で、それって本当にそうかもしれないなと思いました。集合的意識や主体性の薄い中で何をしたいかはっきり言わない日本人と、主語が明確で何をするか意識しながら言葉を使う英語やその他の言語を使う人たちではきっと行動に違いが出ます。

自分の日本語をいじくり回しながらしみじみ自分って日本人だと感じた私ですが、これを機会に、もっと主語と「何を」「どうしたい」かを意識して暮らそうと思います。でもね、不明瞭な日本語をふんわりと理解してくれる日本人もすごいと思うのですよ。だから私は両者のイイとこ取りを目指します。

ENGLISHページ、良かったら一度開いてみてください。読めとはいいませんので。見てね。内容としては「天先案内人とは」と「こだわり」ページの内容を整理してまとめて「海外発送について」を追加したものです。また、日本語の内容も少しずつ整理していきたいと思っています。

英語ページ作成中

2019年1月23日 [CATshopのあれこれ] [要素:]

ページの右上方(PCの場合)、「お買物」隣に「ENGLISH」のメニューが入りました。実際の内容はまだチェック中でして、近い将来UPされます。

英文を書いたのなんていつ以来だろう?ましてや長文。センター試験もびっくりの長さですよ。でも今はGoogle先生という強い味方がいますからね。自分の言いたい事を書くのはそんなに困難ではないです。Google翻訳に正しい日本語を入れてやれば(ここ大事。元の日本語がダメだと英語もダメ。主語述語接続詞をきちんと入れて)かなり人間的な英文が表示されます。

ただ、人の書いた英語を読んで理解するのはやっぱり難しい。英語って、代名詞が多くて何を差しているのか分かりづらいし。

なので、そんな英語メールが来ないよう、ジャパニーズイングリッシュのままを掲載予定です。英語圏の人が完璧に修正してくれた流暢な英語が載っていたら「こいつは英語が分かるやつだ」と思われて難しい文章が飛んできちゃうから。

きっかけは米国テキサス出身のEさん。Eさんがテキサスへ遊びに行きたいと言うのを聞いて「私も行きたい」と心底思ったんです。が、老犬を置いて長く出掛けられるか、しばし考えてしまいました。

その時、ふと浮かんだのがこの言葉。
「ネットの先には世界が広がっている」

ああ、そうだったと目が開きました。たとえ自分から外へ行けなくてもそれはもうここにある。ネットの向こうは海外へつながっている。ありがたい時代に生まれました。できないことをできないと悩むより、できる事をする方がずっと意義深い。それが直接やりたかったことでなくても。
それに、できるかどうかなんてその時にならなきゃ分かりません。状況は常に変わるのだから。今悩むだけ無駄です。今は今できる事にエネルギーを使うべし。

販路を広げようなんて思っちゃいません。英語で売買なんてそんな面倒くさいこと。
海外にも小地蔵さん・こまりちゃんで救われる人が1人くらいはいるかもしれない。購入でなくても、私のやりたいことに共感してくれる人がいるかもしれないし、もしかしたらそれでその人の道が何か開けるかもしれない。だったら思いを英語でも掲げてみよう、ただそれだけ。
座布団新色使用例

難しい英語メールが来ちゃったらどうしよう、なんて不安はもちろんあります。でも、起こってもいないことにあれこれ神経すり減らしても何も良くはならないわけで。できることを精一杯ていねいにやってみるのみ。

UPされた暁には一度開いて覗いてやってください。どんだけ頑張ったか(笑い)。ちなみに3週間かけて下書きして、今はEさんにお願いしてチェックしてもらっている最中です。

これからオンラインショップの方も英語を追加していく予定。先は長い。もしかしたら途中で諦めて海外への英語販売はしないかもしれません(日本語での海外発送は今もしています)。まあやってみない事には何とも言えないので、TRYしてみます。「(頭で考えても)分からない時はやってみる」…先輩に教わった言葉ですから。

上原英子さんのジャパン・アート・セラピー・ツアー2018

2018年5月7日 [CATお知らせ] [要素:]

今年もカナダ在住のアートセラピスト・上原英子さんが日本各地で講演・講座・個人セッションを開催します。日程はこちら

今回も興味深い内容盛りだくさんです。例えばこんな感じ。
●『許せない自分を受け入れる。こだわりを捨て自分を慈しみましょう』
●『アドラー心理学でネガティブな気持ちを手放そう』
●『自分がされて嫌だったことを、無意識に子どもにしていませんか?』
●『仕事のストレスの大半は、ズバリ人間関係!』
『アート・セラピスト養成講座』は初級に加え中級も始まります。
アイキャッチ

英子さんは裏腹の無い真っすぐな人で(お世辞もありません)、私はその人柄を心から信頼しています。アートセラピーというと絵心を試されるのでは、と心配する人もいるようだけどそんなものは不要です。仏像もそうですが、絵心が必要なのは仕事で絵を描く人だけですって。

彼女に会える日が楽しみです。

臨時休業のお知らせ

2018年4月24日 [CATお知らせ] [要素:]

明日から27日(金)まで臨時休業いたします。その後はカレンダー通りで、次の営業日は5月1日です。カレンダーは問合せお買物・オンラインショップの各ページにあります。
小毬ちゃんと桜