彫刻刀の裏側

2017年6月23日 [ 彫刻用品] [ , ]

木彫りTVにUPされた動画を見て、そうなのか~と独り納得。

先輩方から、彫刻刀の砥ぎではバリ(返し)取りは要らないと教わりました。彫刻刀なら彫っているうちにバリは取れるからとのこと。逆に、裏を下手に削ると切れなくなると警告が。動画タイトルの「ウラ押し」はバリ取りとは違うのか?

動画を見て理解しました。ウラ押しは毎回やる必要はなくて、刀を使っていくうちに短くなってきたらやるものなのですね。包丁は砥いだら毎回バリ取りしないと切れないですが彫刻刀ではそれは不要。でもウラ押しは必要に応じてやる。なるほど。

実は、砥ぎが下手くそで砥ぎ過ぎて短くなってしまった刀があります。どういうことかというと、砥いでも砥いでも刃が真っ直ぐにならなくて何度もやり直したらどんどん短くなってしまった…というね。その時、平刀は動画で言うウラ押しをしたにはしたのですが(それをしないと全然切れない)、平らを意識していなかったので根元と先端では多分角度が付いていると思います。しかも左右対称になってない。今度チェックして直そう(直せるなら)と思います。

ちなみに、なんで「直せるなら」と消極的なのかといえば、直そうとして手を出すことでもっとおかしなことになる危険性を孕んでいるから。もう少し上手になってからやるか、勇気を出して今やるか(でも彫刻刀をダメにするかも?)、悩みどころです(^^;

木彫りTV 砥ぎ

2017年5月15日 [ 彫刻用品] [ , ]

以前のこぎりの使い方を説明してくれる動画を紹介しましたが、今度は砥ぎです。これがなかなか…ね。砥石での砥ぎが一人前にできるようになるまで10年かかるらしいですよ。砥石がダメでも砥ぎ機なら趣味で使う分には困らない程度に砥げるようになりますが。

後半も間もなくUPされると思います。ちなみに砥ぎの前はトースカンの使い方でした。

趣味でやっていると道具の使い方を教わる機会はほとんどないように感じます。こういう情報を提供してくれる方たちがいてくれることに感謝。

続 のこぎりの使い方

続きの動画が投稿されました。早速真似してやっております。

今日はひな祭りですね。私は旧暦に従う地区で育ったためひな祭りは4月でして、3月はいまだにピンときません。
お雛様風

毎年春休みには祖母とヨモギを摘み、ついでに山菜も採りました。くちなしで黄色に染めたもち米、ゆでて刻んだヨモギ入り、赤色色素を入れた物、白いままの4種類をかまどで蒸し、餅つき機で(もう少し昔は杵と臼で)搗き、延ばしてから数日後に型を利用してひし形に切り分けたことを懐かしく思い出します。

これから一雨ごとに暖かくなりやがて春がやってきます。スーパーの広告に乗せられるような気がしないでもないけど、今夜はちらし寿司でも作ろうかな。

のこぎりの使い方

のこぎりを挽くと必ず曲がります。縦にも横にもまんべんなく(笑い)。こちらは木彫をやっていればいずれ必須となってくるのこぎりの選び方や使い方を仏師の方が説明してくれるありがたい動画です。続きもそのうち掲載されると思います。

私が持っているのは縦挽き横挽き両方できるガイド付きの物(というよりガイドに付属ののこぎり?)と、細かい部分を切れる小型の物の2本。ガイド付きの方は45度用のガイドや角度調整・固定に便利なその他も付属してます。使ったことないけど。
のこぎり

ソーガイドのおかげでずいぶん真っ直ぐ切れるようになりました。が、ガイドが使えない場合は未だ上手く切れません。

バンドソー(電動糸のこ)を買ってからは手で切ることも減りましたがそれでもやはり必要な時がありまして、できないと困るのでね…。上記動画の説明に従って次はやってみようと思います。頑張りましょう。

截金(きりかね)

2016年12月1日 [ 雑記] [ , ]

仏像を彩る金箔模様を截金(きりかね)というのだそうです。教室でそれに仲間がトライしているのを見て初めて知りました。金箔を線に切って貼るのですね。すごく細かい、神経を使う作業です。こんな動画を見つけました。

先日紹介した『大佛師 松久宗琳』 新版に成田山新勝寺の菩薩さまがカラーで載っていて、その華麗で緻密な美しさにしばし見惚れました。そこで初めて截金という言葉を意識した次第です。素の木目もいいけれど、こんなに見事に装飾されたらありがたい感も増す気がします。