お地蔵さまを彫るように犬を彫る

2018年7月30日 [ 自分で作る仏さま] [ ]

先月お邪魔したぽちの和さんの木彫り同好会@座間。今月も楽しそうです⇒「ぽちの和」ブログ記事。その中でとても心に残った言葉があったので紹介します。

伊藤支部長の愛犬ルルさんは、先月18歳で旅立ちました。
そして、「お地蔵さまを彫るようにルルを彫りたい」と。

最初はただの四角い木片です。
その木片の中から少しずつ犬を彫り出していきます。
手のひらのなかで想いを込めて彫り進んでいくうちに、心の中にぽっかり空いた穴も、少しずつ、ゆっくり、あったかい想い出で埋められていくと思います。

仏像を彫る心と全く同じです。これは犬という形でありながら、仏さまを彫っているのだと思います。

ブッダが説いたのは人生における物の見方・捉え方であり生き方論だったはずで、菩薩だの如来だのといった概念は後世に仏教が普及する過程で生まれた話でしょう。ブッダが説いたであろう真の「仏性」は形とは関係ないのだから「仏」がお地蔵さんや阿弥陀さんの形をしているとは限りません。もしかしたらそれは犬の形であるのかもしれないし、大きな岩であるかもしれない。

物を作るって、素敵だなとつくづく感じます。別に仏像でなくてもいいし、木彫でなくても何でもいいから、思いを込めて丁寧にゆっくり進めればそこに何かが生まれるはず。

作品勢ぞろい

犬・猫・フェレット

ぽちの和・木彫り同好会、興味のある方は ぽちの和 松原さんへ。富士山麓の御神木だったクスノキをこのタイミングでお届けできることをとてもうれしく感じます。

ちなみに来月は暑気払いだそうで。ああ、行きたい(笑い)。

木彫り同好会@座間(神奈川)

2018年6月25日 [ 雑記] [ ]

以前から行きたいと思い続けていたぽちの和さんでの木彫り同好会にとうとう参加しました。いやー、楽しかった!

ぽちの和を運営する松原さんとは友人を介して知り合ったのですが、実際に会うのはこれが初めてでした。でも今まで何年もかけてやり取りしていたのでずっと前からの友達のように感じていましたし、他の参加者さんも気持ちの良い方達で、女性ばかりの集まりにありがちな窮屈感がありません。

楠を蒸留して樟脳を取り出す

削りかすの楠を蒸留して樟脳抽出

楠は削るととてもとても良い香りが漂います。天然の樟脳(しょうのう)ですね。合成した化学物質(衣類の虫除け剤)みたいなきつい香りではありません。楠を彫っている人がいると教室中、幸せな香りに包まれます。その樟脳を蒸留して見せてくれました。

今回はうちの犬を彫りました。写真では前列左の長いやつ。彫りたいポーズの真上からと前後左右からの写真により大体の形を決めて木取りし、あとは部分的に写真や実物を見ながら荒彫り→小造りと形を付けていきます。

作品勢ぞろい

犬・猫・フェレット

それと、うちの小地蔵さん達が出張したがっていた(?)ので連れて行きました。先週、夫の小地蔵さんが出張したからかな?東京のサロン滞在以来、すっかり出張好きになってしまったような(笑い)。松原家へ迎えていただいた小地蔵さん(携帯型)とも久々の再会。
小地蔵さん4体

ぽちの和さんでは、月1回この同好会を開催しています。ちなみに通常業務はハーブ主体に介護のサポートも取り入れた犬のケア。同好会では希望により彫刻以外にも色々やれるようです。ハーブ酒やハーブティーも試飲させていただきました。初心者は松原さんが面倒見てくれますよ。「うちのコ」を彫りたい方はぜひ。

ぽちさん

ぽちさん オンナノコです

また行きたいなと思っています。うちからだとちょっと遠いですけど、時間的には東京へ出るのと変わらないかな。

修善寺(地名)の修禅寺(寺名)で仏像彫刻

弘法大師・空海 縁のお寺で仏さまを彫れるそうです。趣ある場所で彫れるっていいなぁ。初めての人向けに3時間で完成するものから本格的な仏像まで、各自作りたいものに対応してもらえるとの事。仏師の先生なんですね。英語も対応可能だって。

仏像彫刻教室
【開催日時】毎月第2・第4土曜日 13時~16時
【会場】修禅寺 旧庫裡(〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺964)
※旧庫裡の場所がわからない場合は『修禅寺受付』にてお尋ねください。
【アクセス】伊豆箱根鉄道修善寺駅~修善寺温泉行バス 終点下車~徒歩3分
【受講料】1回3,000円
(別途お布施として100円を賽銭箱にお願いいたします)
彫刻材:500円
教本代:2,600円
彫刻刀(下記よりお選びください)
・お手軽彫刻刀7本セット 1,700円
・お手軽彫刻刀7本セット(レンタル)500円
・彫刻刀8本セット 17,000円
※既にお持ちのものがあればお使いいただけます。
【持ち物】鉛筆、消しゴム、定規、はさみ
【申し込み方法】開催日の1週間前までに参加・購入材料等の連絡をしてください。
【申し込み・問い合わせ先】山崎仁 電話090-4360-6203

伊豆市って言われてもピンとこなくて修善寺の方がいまだに理解しやすい(^^;
彫刻刀レンタルがあるっていいですね。修禅寺以外にも、伊豆近辺や神奈川県のお寺さんなんかで同様のワークショップが開催されている様子。

木彫りのぬいぐるみ

2018年1月19日 [ 自分で作る仏さま] [ ]

可愛いぬいぐるみのクマを見つけました。でも布ではなく木を彫った物です。
P1060207
工房 木彫りのぬいぐるみ

通信講座を開いている方の作品でした。これは可愛い。本当に柔らかそう。丸みの付け方もさることながら仕上げが非常に丁寧なんですね。だから柔らかそうに見える。でも実際ここまでのレベルに表面を仕上げようと思ったらかなりの時間と根気がいるはず。すごいなー。

あ、こちらはやすりを使わず彫刻刀だけで仕上げをしている作品です。私が教わっている仏師の先生によれば仏像はそれが基本らしいのですが、普通の木彫だとやすり掛けするのが多数派みたい。なので木彫家ながらやすりを使わないというのは珍しいのでしょう。

このクマを通信講座で作れるなら楽しいだろうな。お地蔵さんもありました。どちらも上級コースです。初級・中級は本当に基本的な彫刻刀の使い方をしっかり取得する内容になっています。0から始める初心者には妥当なレベル分けなのかも。自宅に居ながらにして疑問点を解消してもらえるありがたさを考えたら、5万円を高いと思うか安いと思うか、その辺は自分1人でどこまでやれるかによると思います。

以前、水戸川櫻華さんのおだまき地蔵を紹介しましたが上のレベル分けを見て、全くの初心者が1人でそれを本当に作るには想いや根気が必要だろうと考えなおしました。できなくはない、けど簡単でもない、ってところでしょう。過程を楽しむ心も必要かなと。
最初の1体 おだまき地蔵

各種講師をしている友人たちを見ていると、教えることに適性のある人材というのは確実にいるわけで、特に初心者はそういう人から教わるべしとよく思います(私は向かないタイプです)。思いがあふれる講師って好き。

広がる交流

2017年11月9日 [ 雑記] [ ]

8月に静岡県下の教室を主体とした作品展を開催しました。それが他の教室の方と交流するきっかけとなりその後につながっています。

田町の同好会にもSBS教室にも仲間が増えました。皆さん作品展を見て私たちの存在を知ってくれたそうです。私は仲間と共に彫る時間を楽しんでいます。役を受けてくれた方たちはきっと忙しくて大変だったと思うのだけど、本当に作品展をやって良かったなと思います。

田町の同好会は随時入会歓迎です。興味のある方は見学にお越しください。あ、でも12月は忘年会でお休みですけどね。通常は第2土曜の午後にやってます。今月は今週末の11日に。
新人歓迎

【仏像を彫る会】
会場:静岡市西部生涯学習センター
住所:静岡市葵区田町三丁目46番地の5
日時:毎月第2土曜日 13時~17時
会費:500円(徴収は年1~2回)