もし死ぬのが自分だったら

2019年1月4日 [CAT雑記] [要素:, ]

明けましておめでとうございます。平成最後の年が実りあるものでありますように。今年もよろしくお願いします。
2019年始あいさつ

さて、新年早々縁起の悪い言葉を…と思われるかもしれませんが実はその逆、とても力強く大きな輝きを放つ方の視点を紹介いたします。

前にも書いたとおり農家の台所というブログを読んでいます。同名のレシピ本が出会いでして、その後レシピ検索で再会してから愛読しています。開けっ広げな心の真っ直ぐさが好きで。

書いているのは53歳の桂子さん、夫婦2人で農業に従事しながら農家ならではのレシピをまとめた本を出版。
10月に盟友でもある52歳の夫を突然亡くしました。本当に、突然。そこからの2ヶ月が圧巻です。後を追いたいと思うほどに落ちて落ちて落ち込んで、今、ものすごい勢いで翔け上がっています。読むだけでこちらの心が浄化されていくよう。
以前、友人たちの姿を見た時にも感じたことですが、高く飛翔する人はその前にとても低くかがみこむのだなと、改めて思いました。
蓮の花

その桂子さんが「亡くなった人の目線で考えたら遺してきた人がどう在ってほしいか、どう暮らしてほしいか」を考え、実践されてます。一部抜粋させていただきました。

私が死んで主人が生きてる。
そしたら、私は間違いなく主人をずっと見守っているでしょう。

そしてその主人が毎日落ち込み、ほとんど何も食べず、何もせず、嘆き悲しんでいたら、私の胸は張り裂けそうになると思います。
心はあっても、姿を現すことも手を握ってあげる事も、抱きしめてあげる事も出来ない。

でももし主人が、頑張って食べて、私の分まで長生きしようと思って、沢山の人に囲まれながら笑って、そしてたまに私の事を思い出して「会いたい」と思ってくれたなら私は幸せだと思うんです。

その通りだと思うのですよ。自分が死んでみる(頭の中で)と分かります。自分が死んだら空の上から誰を見るだろう?それが大切な存在であればあるほど、幸せに暮らしてほしいと思うはず。
雲に乗る小地蔵さん

忘れるのではなく、感情にフタをするのでもなく、目に見えなくなった大切な「誰か」と一緒に幸せな日々を送るのです。いつも頭の上から覗き込んでいるだろう「誰か」と共に。もし今が幸せでないと感じるなら幸せになるための努力を続ける。すぐそばで見守っているはずの見えない「誰か」に愚痴でも聞いてもらいながら。

ただし、感情を押し込めて頭だけでこう考えても苦しいだけ。出すだけ出して、悲しみを感じきって、ふと他者の視点に移ってみることで、目の前の世界が変わります。いつまでも悲しんでいたって別にいいじゃないですか。悼むことと不幸でいる事とは違います。

実は私も、同じ視点を抱いてこの15年を生きてきました。この命が終わり、先に逝ってあの世で待っている大切なものたちと顔を合わせた時に、自分の人生から逃げて彼らに顔向けできないなんて絶対嫌、「自分なりに頑張った人生だったよ」と報告できるようにありたいと自分を鼓舞しつつ。

「小説 ブッダ」の中にこんな話が出てきます。

種から芽が出てそれが育って木になりました。さて、種はどこへ行ったのでしょうか。消えて(死んで)しまった?
いいえ、違います。種は形を変えて生きています。今は木という形で。
生と死とは形の違い。全ての現象は別の現象に変化する。本当は生も死もなく、ただ命の循環があるのみ。消えたように見える命もこの世界の全てに形を変えて生きている。だから死を恐れる必要は無い。

大切な亡き「誰か」も形を変えて存在していると思えたら、死別の苦しみももっと楽になるし、遺された者の人生も軽やかになるでしょう。

女はしゃべって乗り越える、男は…

2018年12月12日 [CAT雑記] [要素:]

以前、仏像仲間の先輩から聞いた言葉をしみじみと感じる機会がありました。それは、人生の伴侶を失くした時、「女はしゃべって乗り越える。男は黙って朽ちていく」。先輩曰く、女性は連れ添いを失って尚強くなり、男性は弱っていく人が多いのだとか。

確かにその傾向は強いかも。女性の多くは辛いことも悲しいことも悔しいこともみーんな、しゃべって泣いて笑い飛ばしてやがて前を向いていきます。でも男性は感情を表現するのが苦手な人が多くて、心の中に溜め込んだまま。ガス抜きできないから内側へ爆発するのかもしれません。
蓮華と小地蔵さん

実は私の作品を買ってくださる方の約半分が男性です。小地蔵さん・こまりちゃんの甘過ぎない表情を気に入ってもらえるのかな、なんて勝手に想像しています。女性も、苦悩を表に出さず独りで耐えるタイプが多い?と感じることも。いずれにしろ、性別問わず気に入っていただけるのはうれしいです。

万年雪を地熱が溶かしていくように、心の奥深くへ静かに沈殿していく哀しみ・苦悩を仏さんが底から温めてくれるならこんな光栄なことはありません。たとえ私の作品にはピンとこなくても(それは構わないから)、ご自分に合った何かを見つけていただければと思います。

ふたご座流星群2018

2018年12月10日 [CAT雑記] [要素:]

今年も来てます。もう流れていて14日が極大(Max)だそうで、12~14日にかけての20時過ぎが見えやすいとか。1時間に40個なら、5分見上げれば1個くらいは見えるかな?

国立天文台の情報もご参考に。

セキュリティソフトを語った怪しいメール

2018年12月7日 [CAT雑記] [要素:]

利用しているセキュリティソフトの名前でメールが来ました。「あと14日で有効期限です」というような事が英語で書かれています。まだ1年以上残っているのにどういうこと?と思い、リンクをクリックすると「アクティベーションコードをここに入力すれば使用期限が延長できます」。

これはおかしい。そう思って放置しました。また数日後に同じようなメールが。今度は期限が7日になっています。これって、アクティベーションコード(使用許可番号みたいなもの)を入力させてだまし取る類のものだなと思いました。そういえば宛名に利用者名が書かれてなかったし、登録したのとは違うメールアドレスへ来てました。

あちこちで警告されているアカウントやパスワード乗っ取りってこうやってやるんだなと。考えてみれば、安易にリンク先を開いた時点で下手をすればウイルス等に感染したかもしれないわけで、セキュリティソフト入れててよかったとこういう時に思います。感染する時はソフトが入っていてもしますけど、大きな予防にはなりますし被害も最小限で済みますから。

ところで、スマホ利用者の何割がセキュリティソフトを入れてきちんと更新しているのでしょう。私はインターネット歴20年ほどのPCユーザーでセキュリティソフトは全端末に必ず入れておりますが、スマホからネットの世界に入ってきた人のどれだけがセキュリティの重要性を認識しているのか、心配です。機械音痴の姉なんかは特に。入れろとは言ってありますが、期限が来た時に更新しているのか…。

最近も、知らない間にドコモのアカウントを乗っ取られていたという話を周囲から2件続けて聞いたばかりです。どちらも端末買換えによりたまたま発覚したそうで。気付いていないだけで乗っ取られている友人知人親戚がどれだけいるんだか。オソロシイ。

実害がないから気付かないわけですけども(乗っ取った側はそれを承知の上で気付かせないようにしているのかも)、ある日突然犯罪の加害者側に巻き込まれる可能性もあるし、あるいは知らないうちに借金背負わされたりとか?

先に書いたような、なりすましメールで利用者自らデータを提供させる手法もあれば、ハッキングのように能動的に攻撃を仕掛ける手法もあります。最近では無料wifiでやり取りする暗号化されていない通信から情報を盗み取る方法も。
ブログなどもびっくりするくらいのアタックを受けていて、どこかに潜り込める穴がないか探しているのがよく分かります。きちんとアップデートしてその他対策していますから今のところは問題ないですが、そろそろ自前のブログは諦めようかなとも考えています。

まあ何にしても、セキュリティソフトを入れていない方は今すぐ購入してください。期限が切れている方も。変な物を入れると逆に危ないのできちんとした会社にしてくださいね。それ以外の行動注意点は検索してみてください。

目の見えない鍼(はり)医さん

2018年12月3日 [CAT雑記] [要素:]

10歳の時、ひどい捻挫をしました。実家の菩提寺が近くにあり、その山門へ登って遊んで、というか高い所から周囲を眺めておりました。高さ2.5mくらい、バスケットゴールと同じくらいの高さ。そのてっぺんに乗るのが好きでした。

そろそろ帰るかと飛び降りた時にスカートがひっかかり、着地のタイミングがずれたのです。それまでも散々飛び降りて平気だったのに、タイミングがずれるとこうなるんですね。捻挫して、痛みのあまり足を着くこともできません。家までどうして帰ったんだろう?覚えてないけど多分、自転車を片足でこいだんだと思います。そういえば学校もどうしたんだっけ?母に子供を送迎する暇なんてなかったはずだから、学校休んだかも。

整形外科へ行くも湿布が出るのみで状況は何も変わらず。そしたら母が鍼医さんへ連れて行ってくれました。

目の見えないおじいさんがやっている鍼医さんで、すごく良く効きました。1回の施術で足を着けるようになり、3回できれいに治りました。すごいなーと感動して以来、鍼には絶対の信頼を置いています。

他にもすごいと思ったのが、お札の判別。手で触るだけでお札の種類が分かるのです。診療室内もぶつかることなく、ゆっくりではありますが確実に移動していきます。このおじいさん、本当は指に目が付いているんじゃないか?と本気で思いました。こっそり見ても付いてなかったけど(笑い)。

目が見えないと他の感覚が鋭くなるのだそうです。だから人体の変化もより敏感に察知できるのかなと思います。

それ以降、お寺の山門から飛び降りるのはやめました。その後も登っていたような気はしますが…。そして大人になっても高い所が好きな私でした。