知識と実践は全くの別物

2019年3月27日 [CAT雑記] [要素:]

器のギャラリー光で禅の食事作法を体験できる会に参加しました。ガチガチの修行レベルな食事ではなくソフトに体験するものです。

1分間だけ全く私語無しで食べてみる時間がありまして。そうすると自分の食べる音が響くのです。修行僧はたくわんさえも音を立てずに食べるという話題をかつて某探偵番組でやっていたのを思い出しました。その時はテレビを見ながら「へー、すごいねー」と言っていたのが、実際にそれをやろうとして、それがいかに困難なことか実感しました。

知識として知っていた禅の作法に対する感覚と、実際にそれを行動してみて感じることとは全く違うものでした。きっと今の私にはそれが必要なメッセージなのでしょう。頭でっかちになる前に動け、ってか。
一汁一菜

それはさておき、食べることに意識を集中して全力で食べる経験というのは普段あまり無いように思います。今回の食事会は貴重な経験になりました。食事自体は普通においしいマクロビオティック(玄米菜食)で病み上がりにはうってつけの内容、おかわりもできて意外とお腹もいっぱい。「これ続けたらやせるねー(笑い)」という声も。

目の前の事に集中して丁寧に精一杯それをするのが禅の修行なんですよね。それが食事であっても歩くことであっても。ティク・ナット・ハン氏の言葉にもありました。今ここを全身全霊で生きるための手法であると。そんなことも思い浮かべながらの食事でした。

店主の恵子さんとも久しぶりに会えたし、思いがけず円空彫りの救世観音像も鑑賞でき、楽しい晩となりました。実はその前日まで扁桃腺が腫れてダウンしていたので、動けるようになって本当に良かったです。

筆ペン書きの手紙

2019年3月19日 [CAT雑記] [要素:]

今週末は器のギャラリー光で一汁一菜の禅企画に参加するのですが、それを前にこんなお手紙をいただきました。
器のギャラリー光の手紙

宛名も筆ペンで書いてくれてます。この字がすごく好き。店主の恵子さんが書くんだって。こんな才能があったとは知らなんだ。隠してたな。

こういう、心をかけてくれたことの分かる手紙ってもらうとうれしいです。私は細筆が苦手なので(だるま筆が好き)これはできないけど、封筒はできるだけ手作りしています。美しい風景写真のカレンダーを毎年買ってまして、あまりにきれいなのでそれを使って。
カレンダーリサイクル封筒

もらう人によっては、再利用であること・お金をかけないことに対して不満に感じる人もいるでしょうけれど、そういう人には出さない(というかそういう友達はいない)から大丈夫。手間と心をかけて、自分が感動するほどの美しさをお裾分けしたいと思う気持ちを理解してくれる人に出すから。

小地蔵さん・こまりちゃんを買ってくださった方にももう少し何か、感謝の気持ちを伝える送り方ができたらなぁと思っています。

器のギャラリー光で21日から31日まで開催される木の器企画展、詳細は下記画像にて。
木の器展

木の器企画展

2019年3月14日 [CAT雑記] [要素:, ]

器のギャラリー光(こう)では来週21日から31日まで木の器展を開催するそうです。「禅の器で一汁一菜」と題した食事会もあると知って申し込みました。天桂寺のお坊さんのお話+有城利博さんの満つ椀+一汁一菜の食とのこと。面白そう。
木の器展

普段は陶器の器を展示販売しています。日月火の営業だったかな。詳細はHPでご確認を。企画展期間中は毎日オープン。

女3人寄れば…

2019年3月11日 [CAT雑記] [要素:]

裂き織の教室は100%女性です。一方、仏像彫刻は男性80~90%。年代的には似たようなものかもしれません。先日、裂き織の翌日が仏像彫刻で、あまりの違いに可笑しくなってしまいました。

女性は3人集まるとおしゃべりがノンストップになります。その日の裂き織教室も女性4人でした。先生ともう2名の生徒さんは同級生だそうでパワフルな方ばかり。でも私、人の話を聞くのは好きなので、時々口をはさみつつも聞くことを心置きなく楽しみました。

翌日の仏像彫刻は、今回は女性が2人も増えたのですけどほぼ男性。おじさんってさ、10人集まっても静かなんだよね。

だけど、どちらもそれぞれ楽しくて、面白いなぁと思います。中身がおっさんな私はおじさんばかりの中にいても違和感を感じませんし、女性ばかりの裂き織教室では何だかとっても新鮮に感じます。

さて、話変わって今日は3月11日。昨日から日本中が息苦しく重たい空気に覆われていましたね。前夜・直前というのが最も苦しい時間だと思います。そんな日本に、瞑想しながら光を送りました。というより地球丸ごと観音様の白い光で包むイメージ。
自分用白衣観音 顔

大切な者を亡くした人々が、天に還った魂と共に在ることを感じられますように。日本が、世界が、生きとし生けるもの全てがそれぞれに幸せでありますように。

何故いつまでも指先が痛むのか

2019年3月7日 [CAT雑記] [要素:]

病院で検査するも、骨にも神経にも問題なし。なのに何故、怪我から5ヶ月近く経ってもまだ指先が痛いのか。しかも、あまり痛くない時もたまにあったりして痛みが一定じゃない。なんでやねん。
医者は答えてくれませんが自分で見当をつけて納得いたしました。もしかしたら誰かの役に立つかもしれないので書いておきます。

まずは指先を見ればわかるかも。こういう写真が苦手な人も多いみたいなので見たい人はクリックしてください。

新しく生えてきた爪は変形していて指にきつく食い込んでいるのです。この爪の先に圧迫されて痛いのだろうと考えました。実際、爪が伸びてきて正常な位置に近くなるほど痛みは和らいできました。完全に生え変われば、あるいは変形がなくなれば、痛みも消えると期待してます。

ちなみに爪の右半分はまだくっついています(写真でも奥にちょっと見えてます)。痛めたのが左側の指先だったために左だけ爪が切れました。指先の右側に痛みはありません。

そして問題はもう一つありまして、指先をかばって関節の位置で物を持ったり力をかけたりしたため、節の部分・腱鞘(けんしょう)が腫れて肥大して腱鞘炎を起こしました。これはこれで手当てをしていて、指先の痛みが取れればそれをかばう必要もなくなるのできっと治るだろうと思われます。もうかなり良くなってきております。

指先は仕方ないとしても腱鞘炎は生活の仕方で避けることもできたはず。私は治りかけてはまた痛めることを繰り返してしまいました。
慢性的にこういう疾患を抱える人は体全体に力が入って常に力んでいる場合が多いのだそうです。いつも緊張状態で暮らしているんだって。何かを握りしめるような生き方はやめましょう、と腱鞘炎で検索したサイトに書かれていて、ちょっと胸にこたえました。