幢幡の小地蔵さんと仲間たち

2019年7月16日 [CAT小地蔵さん] [要素:]

友人宅へ嫁いだ幢幡(どうばん)の小地蔵さん、先住のコたちと一緒にこんな写真を撮ってもらいました。向かって右端が幢幡です。
幢幡の小地蔵さんと仲間たち

七福神っぽい?5体だけど。何やら非常にありがたい感が。そういえば、6地蔵にこまりちゃん足したら7体になりますね。

その友人は人生の節目節目で1体ずつ揃えてくれています。きっと七福神となった頃にはお互い元気なばあちゃん(まだおばちゃんか?)になっていることでしょう。

Etsyで販売開始

2019年7月12日 [CATshopのあれこれ] [要素:, ]

米国のハンドメイドサイトEtsyにて、やっと販売開始しました。面倒くさい部分はもうすっ飛ばしました。運営しながら足していけばいいかと。販売商品の改良案もすっ飛ばし、とりあえず今のままで始めて、おいおい考えます。でないと全く始められなくて。

サイトはこちら⇒Etsy SorasakiCraft

Etsyで販売する携帯型小地蔵さん

携帯用ポーチ付き

設定を始めてみたら対EUが特に面倒でびっくり。でも購入者の立場から考えたらEUっていいですね。購入者の保護を最優先したやり方で、日本みたいに売る側の利益を優先するが故に購入者の安全を犠牲にすることもないでしょう。面倒な部分は気が向いた時に少しずつやっていきます。

最後はもう、エイヤッ!でクリックしました。心配事を並べ立てたら一生開始できないからそういうのは見ないようにして。きちんとやろうとすればするほど不安が沸いてきて身動き取れなくなります。だからきちんとしないように心掛けて。

この販売を始めたからって何がどう変わるわけでもないでしょうけど、自分の中の殻を破った感がきっと大切。

注文制作の小地蔵さん 幢幡(どうばん)

2019年7月8日 [CAT小地蔵さん] [要素:, ]

友人から依頼を受けていた小地蔵さん。やっと作り始めました。

ケガをして以来、彫るどころか手を使うこともままならない状態でしたから本当に久しぶり。何とか仕上げ作業ができるレベルまで回復したので作業開始です。これはまだ最終仕上前の状態で幢幡もまだだけど。
注文制作 小地蔵さん幢幡

ちなみに幢幡は「仏さまはここにいるよ」と示すノボリみたいなものだそうです。だからお寺の本堂に吊る下がっているんですね。

その友人は6地蔵揃えたいと言ってくれて。ありがたいことです。友人とその周囲の人々が真に幸せで在れるよう願いを込めて作りました。何が幸せかはその人が決めることだから具体的な何かではなく、その人にとっての幸せであるようにと。

この子は意図したわけではないけどすごく優しい可愛らしい表情になりました。きっとこの顔が今の友人に合っているのでしょう。作りながら小地蔵さんに「頼んだよ」と声をかけたら「あいよ」と返ってきた気がしました。

小地蔵さんを彫っている時間はとても幸せに感じます。もちろん趣味の仏像彫刻でも彫っている時間は楽しいし幸せなんですが、それとはまた違うありがたさがあるのです。また、注文制作でなくとも「必要とする人に届くように。これを持つ人が幸せであるように」と思いを込めて作っています。

注文制作は在庫0になっていても問合せしてもらえればほぼ対応可能です。販売画面をいじる余裕がないor忘れていることがあったりしますし、公に出すほどではないけどちょっとの数ならできる場合もありまして。その他、ほとんどの事は問合せもらえたらOKで返すはず。個人でやっていることなので大体は融通が利きます。

オンラインショップの販売方式も少しずつ変更していきます。とりあえず小地蔵さんはセミオーダー形式を始めます。こまりちゃんは画面をいじるのはもうちょっと先になりそうだけど問合せいただけたら受けられます。セミオーダー形式になっても現時点での価格は据え置きです。

西陣織の金襴(きんらん)

2019年7月5日 [CATshopのあれこれ] [要素:]

以前、TVで西陣織の織物職人さんの作業を見たのです。シルバーに輝く、神々しい布を織っていました。しかも裏返しで。

何て美しいのだろう。こんなきれいな布があるんだ。番組名で探したら京都の龍村美術織物の職人さんでした。名人とのこと。なるほどね。

それで、京都へ行った際にショールームへ寄りました。こまりちゃんの敷物に使える柄があったら欲しいと思いまして。

残念ながら大きさと好みに合う小さな柄の物は見つからなかったのですが(何せ座布団のサイズが小さいもので合う柄を見つけるのはなかなか大変)、置いてある織物・商品はとてもきれいで、ショールームというかちょっとした美術品展示な様相でした。

東京・八重洲と京都・西大寺四条にショールームがあります。私が行った後に移転しましたので今のショールームには行ってないのですがまたお邪魔したいと思っています。

さて、そんな思い出のある西陣織。龍村さんのではないでしょうけどとってもきれいな帯を手に入れました。
西陣織の帯

手芸用品として売っている金襴はほとんどポリエステルですがこちらは絹。中古だからこそ良い物が安く手に入りました。これを使ってetsy販売用のポーチを作りたいと試行錯誤中。小さい物だけに布の硬さに難儀しております。小ささはここでも試練…。

小地蔵さんの冒険 名古屋編

2019年7月1日 [CAT小地蔵さん] [要素:, ]

小地蔵さん、今回は名古屋へ出張です。私にとって、かつて暮らしたことのある名古屋は懐かしい場所。個性ある名古屋飯は大好きです。

ビールと小地蔵さん

まずは乾杯

ビルを見上げる小地蔵さん

高いなー

天むすと小地蔵さん

天むす美味しいよね

何だか名古屋へ行きたくなりました。