スタンドルーペLEDライト付!

2018年12月5日 [ 彫刻用品] [ ]

怪我をする前に注文して入荷待ちしていた机上型の拡大鏡が、怪我後に届きました。それから2ヶ月近く、箱のまま置いてあったのですが初めて使ってみました。自分の指を見るのに。
卓上ルーペLED照明付き

いいです。すごーく。レンズ裏に照明が付いて、暗い所でもはっきりよく見えます。作業の邪魔にならない形状も予想通りでした。

天気の悪い日や日没後などに作業したい時、暗くてよく見えないのです。家には卓上照明がないので、いや違う、ホームセンターで買った598円のLED卓上照明が1ヶ月で壊れたもので、最初は単なる普通の電気スタンドを買うつもりでした。が、ルーペ付きだったら尚良しかなと思いまして。こういう単純な作りの機器が壊れるとしたら球切れか接触不良からだろうと考え、まともな部品を使ってきちんと作られていそうな商品を選んだつもりです。

まさか自分のケガした指をみるために開封するとは思いませんでしたが(^^;
そういえばHAZUKIルーペを初めて使ったのも爪先に刺さったとげを抜くためだったような。あいたたた。

このスタンドルーペは電源がコンセントからと電池からと使い分けられます。卓上への固定もできますし、鉄にはマグネットでくっつきます。老眼と共に暗い場所での見え方が衰えてきた目にはありがたい商品です。出先で使うならHAZUKIルーペ、家ではスタンドルーペとなりそうです。

お帰りー

2018年11月19日 [ 習作, 小地蔵さん] [ ]

立川の展示会へ出していた仏さんたちが帰ってきました。沢山の人に見てもらえたかな。良かったね。
お帰り 瑠璃観音とミニ六地蔵

瑠璃観音はまだ途中なのでこの状態で出しました。あとは下框(かまち)を成形してその足と、光背を作らなくてはなりません。彫刻刀を持てるようになるまでもう少しかかりそうですが。

今回は晴れ姿を見に行けなくて残念でした。このコ達はどんな仏さんたちと出会ったのでしょうか。

瑠璃観音 台座作製中

初めてだらけの本体と比べたら慣れた作業の多い台座。まあまあ順調に進んでおります。今回は4段重ねでして、現在上から3段目の上框(かまち)まで進行中。
瑠璃観音 台座と光背用材切り出し
瑠璃観音台座 蓮華座
瑠璃観音台座 蓮華座・返花
瑠璃観音台座 返花
瑠璃観音台座 蓮華座・返花・上框
瑠璃観音台座 蓮華座・返花・上框

かつて6寸地蔵菩薩立像で作った蓮華座と比べたら深く彫れるようになりました。柔らかさはまだ足りない部分があるものの少しずつ上達はしているようで、一安心。

台座 第2作目(左)と第1作目(右)

(左)瑠璃観音用 (右)地蔵菩薩用

框の穴ひとつしか彫れない日でも、「今日という1日を積み重ねるだけ」と思えば気になりません。仏像仲間の皆さん、本当にイイ事言うんですよ。

中古の彫刻刀

2018年9月28日 [ 彫刻用品] [ ]

初めて中古の彫刻刀を買いました。重要な刀はもう揃っているのであとはたまに使う頻度の物が欲しくて。中古なら新品では手に入れにくい商品が買えたりします。手間は余計に必要となりますけども。

今回は丸刀と印刀目当てに。たくさんは要らないから数本単位で出されている物で、新品だとちょっと高めの(切れると定評がある)刀を探して1年くらいチェックしてました。サビが心配だったものの私でも何とかできるくらいの状態で、良かった良かった。

サビ取りは切り出し小刀さんの「錆びた小刀を蘇らせる1」記事を参考にボンドで大体きれいにしてから、残った部分(傷に入り込んでいる様子)は砥いで完全に落としました。

印刀はそのままの形よりなぎなたの形の方が私は使いやすいので、形状変更。向かって左がなぎなた刀、右が印刀。

なぎなた刀と印刀

なぎなた刀と印刀 元は同じ形でした

他方、丸刀は形状を整えるのが難しいです。私は自信ありません。だからできればサビとか歪みはない方がいい。もっと言えば新品ならリスクなし。今回はちょっと冒険でしたが、1本は特別な手入れ不要で普通に砥ぐだけ。もう1本は荒砥が必要だったけれど何とか切れる程度まで持っていけたので後は、使いながら整えていきます(上手く砥げるかドキドキしました)。

荒砥を使ったのは砥ぎ機を買った時以来です。砥ぎ機がうれしくて荒砥で砥いだら下手くそな故にどんどん彫刻刀が短くなっていき、このままでは刀がなくなってしまうと危惧して封印(笑い)しました。今回、丸刀でこの程度整えられればまあまあ良しとしましょう。

そんなこんなで半日以上、費やしました。錆があればそれを落とし、前使用者の癖を排除し、ニュートラルな状態まで持っていくのは手間がかかります。時間の無い人は新品買った方が安いでしょ。でも、ニーズに応じて新品と中古を上手く使い分けられたらいいなと思います。

ついでに今まで使っていた彫刻刀にもミシン油を塗りました。今まで全く付けた事なかったからたまにはいいかと。

どこでもお供

2018年8月29日 [ 習作] [ ]

友人と会うのに、過日彫った犬を見てもらおうと持っていきました。話している間、作品をテーブルに置いて友人がなでたりしていたのですがまるでそこに犬がいるかのような感覚を覚えました。
犬の寝姿

このコ、今ここにいるよね。友人もそう言いました。

すごく不思議なのだけど、本当にうちの犬が足元でくつろぎながら控えているように感じるのです。作品はテーブルの上にあるのに、足元(いつも犬がいる位置)に存在を感じました。飼い主がおしゃべりしている間、静かに待っている様子を。時々ため息つきながら(話が長いと言いたいらしい)。

不思議だなー。軽~い気持ちで作ったのに、犬の魂入っちゃった?それとも付いて来たかっただけ?

犬と瑠璃観音

普段は観音様の足元に控える

犬を留守番させてのお出掛けにはこれ、連れて行ってもいいかも。