許されていると伝えることで意思疎通できない人の表情が変わる

2019年7月26日 [CAT雑記] [要素:]

母の具合が悪くなりちょっと先が見えない感じになりました。が、また安定したようです。こういうのを年1~2回繰り返しながら少しずつ弱っていくのだろうと思っています。

それでこの機会に、以前から心に留めていたことを伝えることができました。それは何かというと、許されていると知らせること。

前に鈴木秀子さんの出演するTV番組を見て以来、心に残っていたことがあります。その番組では鈴木さんが認知症で意思疎通できない寝たきりの女性に対し、女性が最も心配し心を痛めているであろう事柄について、大丈夫、もう何も問題ないことをきちんと話すうちにその女性の表情が和らぎました。固く握りしめていた手を緩め、微笑みました。

認知症だからって聞こえていないわけでもなければ、理解できないわけでもないんです。きっと反応できないだけ。一方通行で、ある意味、動物とのコミュニケーションに似ています。

母にはこんな風に伝えました。母が悔いているであろう某人との関係について。

かの人はもうお母さんの事怒ってないよ。もう許してくれてるよ。お母さんの事を思ってくれてるよ。だからもう自分を罰することはしないで。
必死に生きてきてもがきながら犯した失敗はいいんだよ。お母さんだってあれが精一杯だったんでしょう?頑張って頑張って生きたその中での事なのだから許されるんだよ。
自分でも悪かったと思っているんだよね。思っていながら変えられなかったんだよね。もういいんだよ。全て許されてる。
これからの時間を、過去を悔やむのではなく今を幸せに過ごしてほしい。お母さんが幸せなら子供たちも孫たちもみんな幸せだから。
母の白衣観音

TVの鈴木さんほどはできなかったけれども、母の表情は確かに変わりました。への字に結んだ口が、微笑むまでにはいかなくても、確かに緩みました。握りしめる手も少し伸びました。ただ肉親というのは近すぎて、第三者の方が上手く伝えられるのかもしれません。

私、たとえ肉親であろうと他者の人間関係に介入する気はこれっぽっちもありません。別に母と仲良しだったわけでもなく、母がこういう状態になってやっと受け入れられた次第です。でもね、死にゆく人へムチを当て続ける必要もないだろうと。母が何を悔いているかは想像できたから解消できるならその方が良いと思いました。本当は当事者本人が言ってくれたらベストなのでしょうけど、他者からの言葉であってもちゃんと届くことが分かりました。

そして不思議と、母にかけた言葉は私自身にも響きました。自分を許せ、過去の失敗や過ちを思い出して自分を責めるのは止めなさい、と。

意思疎通できない相手でも心は伝わります。口先だけだとダメですね(実は経験済み)。心から伝えれば受け取ってくれます。受け取ったかどうか判別は難しいですけど、母を見る限り、魂がお出掛け中な状態に見えても理解してくれるでしょう。ピンと来た方はどうぞお試しください。ポイントは体に触れながら(鈴木さんは手を握っていました)具体的な内容を、心を開いて本気で伝えようとする姿勢だと思います。

さて、母はこの夏を乗り切れるのか。ここ数年は毎年のように夏をこんな風に見ております。今回も安定したからまだしばらくは大丈夫な気もしますが、しばらくは人にスケジュールを空けてもらうような約束はしないでおきましょう。

瑠璃観音の光背 ついに唐草模様へ

2019年7月24日 [CAT習作] [要素:]

とりあえずルーターで穴を開けそこから穴を拡げていくのだけど、彫刻刀が奥まで入りません。裏側はバリバリ割れていきます。まるで拷問…。
瑠璃観音光背穴あけ

こんなちっこい穴なんて彫れないよーーーー!と叫びたい今日この頃。ちなみにドリルは1.2mmと0.8mm径で穴を開けました。でないとはみ出してしまうから。唐草の光背を彫るならせめて本体が1尺くらいの大きさにするべきだと、分かっていたことを思い知る瞬間。

ただ、良かったことも一つ。それは、新しく購入したドレメルの電動ルーターに手動ピンバイスのドリル刃が使えたこと。チャック径0.1mmから3.2mmまで、締め付ける形で挟み込んで使えます。プロクソンのルーターだと径が決まっているようです。手の状態が万全なら手動で穴あけもできるんですが今はそうではないから、このルーター買って役に立ちました。

しかしこの先、どうやって彫るんだろう…;;

来月は同好会の作品展示会

2019年7月22日 [CATお知らせ] [要素:]

8月中旬に毎年恒例となった同好会作品展があります。生涯学習センター夏祭りで屋台も出ますからぜひお越しください。
夏祭り2019チラシ

【西部生涯学習センター夏祭り 仏像彫刻展示】
会場:静岡市西部生涯学習センター 静岡市葵区田町三丁目46番地の5
2019年8月17日(土) 10時~16時、18日(日) 10時~15時
入場無料
私は17日(土)の午後におります。

プレゼントに裂き織りマフラー

2019年7月19日 [CAT趣味の手作り] [要素:]

先日勲章もらった仏像彫刻仲間へのプレゼントに、裂き織りのマフラーを織りました。その方のイメージを色にして。
プレゼントの裂き織りマフラー

本当はもっと優雅な色合いになる予定だったのが、縦糸の主張が強くて、思ったよりポップな感じになってしまいました。キラキラの糸を使ったのにあまりキラキラしてないし。

実はこの前にもう1本作って、失敗して、織りを解いています。華やかな色使いを試してみたけど上手くまとめられなくて。だから今回は無理せず同系色でまとめました。補色を使って鮮やかに仕上げられればいいのになぁ。「センスの良さは生まれつきではなく試行錯誤しながら反復練習することで身に付けるもの」と教えてくれたご本人だから、私も精一杯の試行錯誤をしてみた次第。

布の選択も糸の組み合わせも、想像したのとは全く違ってきます。きっとこういう(思い通りにならない)所が裂き織りの面白さなのでしょう。小さな物なら1日2日で完成するところも仏像彫刻と違う楽しさです。

幢幡の小地蔵さんと仲間たち

2019年7月16日 [CAT小地蔵さん] [要素:]

友人宅へ嫁いだ幢幡(どうばん)の小地蔵さん、先住のコたちと一緒にこんな写真を撮ってもらいました。向かって右端が幢幡です。
幢幡の小地蔵さんと仲間たち

七福神っぽい?5体だけど。何やら非常にありがたい感が。そういえば、6地蔵にこまりちゃん足したら7体になりますね。

その友人は人生の節目節目で1体ずつ揃えてくれています。きっと七福神となった頃にはお互い元気なばあちゃん(まだおばちゃんか?)になっていることでしょう。

Etsyで販売開始

2019年7月12日 [CATshopのあれこれ] [要素:, ]

米国のハンドメイドサイトEtsyにて、やっと販売開始しました。面倒くさい部分はもうすっ飛ばしました。運営しながら足していけばいいかと。販売商品の改良案もすっ飛ばし、とりあえず今のままで始めて、おいおい考えます。でないと全く始められなくて。

サイトはこちら⇒Etsy SorasakiCraft

Etsyで販売する携帯型小地蔵さん

携帯用ポーチ付き

設定を始めてみたら対EUが特に面倒でびっくり。でも購入者の立場から考えたらEUっていいですね。購入者の保護を最優先したやり方で、日本みたいに売る側の利益を優先するが故に購入者の安全を犠牲にすることもないでしょう。面倒な部分は気が向いた時に少しずつやっていきます。

最後はもう、エイヤッ!でクリックしました。心配事を並べ立てたら一生開始できないからそういうのは見ないようにして。きちんとやろうとすればするほど不安が沸いてきて身動き取れなくなります。だからきちんとしないように心掛けて。

この販売を始めたからって何がどう変わるわけでもないでしょうけど、自分の中の殻を破った感がきっと大切。

北欧の玩具 織り機イネス

2019年7月10日 [CAT趣味の手作り] [要素:]

裂き織り教室で使っている卓上織り機とは別に簡易織り機を買いました。家で試してみたいことなどあり、教室用の織り機が空くまで待っていたら何もできないなと思いまして。かといって本格的な物を2台持つほど気合入ってるわけでもないから、これがちょうど良かったのです。

北欧ではこういうおもちゃが知育玩具として普及しているようです。簡易織り機、といっても結構本格的に織れます。縦糸を長く張りたい時はちょっと大変だけど。

教室で見たサンプル織りが気に入ったのでイネスで試してみました。横糸を織る分には特に問題なし。やはり縦糸を均等に張れるかどうかが難しいところ。それは本格的な織り機であっても同じですが。教室では先生が手伝ってくれるからきれいに張れるのです。家では自分一人でやるから難しい。
INESでサンプル織り(もどき)

予想以上に楽しい、裂き織りです。

注文制作の小地蔵さん 幢幡(どうばん)

2019年7月8日 [CAT小地蔵さん] [要素:, ]

友人から依頼を受けていた小地蔵さん。やっと作り始めました。

ケガをして以来、彫るどころか手を使うこともままならない状態でしたから本当に久しぶり。何とか仕上げ作業ができるレベルまで回復したので作業開始です。これはまだ最終仕上前の状態で幢幡もまだだけど。
注文制作 小地蔵さん幢幡

ちなみに幢幡は「仏さまはここにいるよ」と示すノボリみたいなものだそうです。だからお寺の本堂に吊る下がっているんですね。

その友人は6地蔵揃えたいと言ってくれて。ありがたいことです。友人とその周囲の人々が真に幸せで在れるよう願いを込めて作りました。何が幸せかはその人が決めることだから具体的な何かではなく、その人にとっての幸せであるようにと。

この子は意図したわけではないけどすごく優しい可愛らしい表情になりました。きっとこの顔が今の友人に合っているのでしょう。作りながら小地蔵さんに「頼んだよ」と声をかけたら「あいよ」と返ってきた気がしました。

小地蔵さんを彫っている時間はとても幸せに感じます。もちろん趣味の仏像彫刻でも彫っている時間は楽しいし幸せなんですが、それとはまた違うありがたさがあるのです。また、注文制作でなくとも「必要とする人に届くように。これを持つ人が幸せであるように」と思いを込めて作っています。

注文制作は在庫0になっていても問合せしてもらえればほぼ対応可能です。販売画面をいじる余裕がないor忘れていることがあったりしますし、公に出すほどではないけどちょっとの数ならできる場合もありまして。その他、ほとんどの事は問合せもらえたらOKで返すはず。個人でやっていることなので大体は融通が利きます。

オンラインショップの販売方式も少しずつ変更していきます。とりあえず小地蔵さんはセミオーダー形式を始めます。こまりちゃんは画面をいじるのはもうちょっと先になりそうだけど問合せいただけたら受けられます。セミオーダー形式になっても現時点での価格は据え置きです。

西陣織の金襴(きんらん)

2019年7月5日 [CATshopのあれこれ] [要素:]

以前、TVで西陣織の織物職人さんの作業を見たのです。シルバーに輝く、神々しい布を織っていました。しかも裏返しで。

何て美しいのだろう。こんなきれいな布があるんだ。番組名で探したら京都の龍村美術織物の職人さんでした。名人とのこと。なるほどね。

それで、京都へ行った際にショールームへ寄りました。こまりちゃんの敷物に使える柄があったら欲しいと思いまして。

残念ながら大きさと好みに合う小さな柄の物は見つからなかったのですが(何せ座布団のサイズが小さいもので合う柄を見つけるのはなかなか大変)、置いてある織物・商品はとてもきれいで、ショールームというかちょっとした美術品展示な様相でした。

東京・八重洲と京都・西大寺四条にショールームがあります。私が行った後に移転しましたので今のショールームには行ってないのですがまたお邪魔したいと思っています。

さて、そんな思い出のある西陣織。龍村さんのではないでしょうけどとってもきれいな帯を手に入れました。
西陣織の帯

手芸用品として売っている金襴はほとんどポリエステルですがこちらは絹。中古だからこそ良い物が安く手に入りました。これを使ってetsy販売用のポーチを作りたいと試行錯誤中。小さい物だけに布の硬さに難儀しております。小ささはここでも試練…。

友人宅で蓮生育中

2019年7月3日 [CAT雑記] [要素:]

過去に蓮を枯らした私でありますがまたしても蓮の種をもらいました。もう1回挑戦するか?いやいや、これはもう、園芸音痴でない人に育ててもらいましょう。

というわけで、友人達の下へ嫁いだその蓮の種。現在こんな様子だとメールをもらいました。育つものと育たないものとあったようです。この先も育ってくれるよう皆様、一緒に祈っててください。
芽が出た友人宅の蓮

ちなみにこれは富士宮できらきら(整体)を営む織江さんが育てているもの。織江さん、腕も頭も人柄もいいんですよ。