今の自分で幸せと感じられるか

2018年11月20日 [ 雑記] [ , ]

この1ヶ月半、手の状態が一進一退を繰り返しちっとも「治癒」へと進みませんでした。1ヶ月もあれば完治するだろう怪我だと思っていたらとんでもなく悪化した挙句、2次的・3次的問題を発症し、彫刻どころか日常生活も満足にできず。前向きに暮らしているつもりでも、時にはいらだったり落胆したりの毎日。

そんな折、岸見一郎さんの言葉に「うっ」となりました。

NHK 100分de名著 「人生論ノート」の初回でした。たまたまTVを点けたらその番組で、ぼんやりと眺めていました。岸見さんが脳梗塞で身動き取れない状態になった時に到達した「自分はなんと幸せであろうか」という思いに、自分自身を振り返りました。

今の私、全然幸せだと思ってない。むしろ不幸感さえ持っていてそれから脱する事しか考えてない。助けてくれる周囲に対して感謝はしているけれど彫れないというだけで不幸な気持ちに陥ってしまっている。今まで自分は幸せだと思っていたけれどもその「幸せ」は条件付きだったんだ…。

ずきっときましたね。生かされていることに感謝するどころか、ただ1点の「できない」事(仏像彫刻)に焦点を当てて落ち込んでいる自分に気付きました。そして、自分にとってどれほど仏像彫刻が特別であるかも自覚しました。
小地蔵さん 念珠

一番ひどい状態の時は2週間、右手(利き手)を動かすこともままならず、ほぼ左手1本で暮らしました。その生活を経験してほとんどの事は、できないならできないなりのレベルで暮らしていけばいいやと割り切れました。時間さえかければそこそこイケル。
人生はいつか終わるし、いずれ衰えてできない事が増えていくのだからそれが早いか遅いかだけの話。もし後遺症が残って指が不自由になったとしても暮らすことは何とかなると思えます。
だけど仏像彫刻だけは、レベルダウンなんて絶対嫌。もっと上手になりたい、まだ彫りたい細かな細工があるのです。まだ全然やり切ってない。

ただ、だからといってその大切な何かが思い通りにできなくてネガティブな感情に浸り続けるのは、方向が違うんです。多分、そこからまた何かが始まる。

例えば疾患や障害により、生き甲斐を失ったり体ひとつ動かすのが困難な寝たきりの状態で「幸せ」に到達するのがどれほど困難なことか。それをしている人たちは何と高い山に向かって進んでいるのでしょう。

私はそんな高い山には登れないでしょうけれども、自分なりの山あり谷ありな時間を過ごしています。ちなみに手の状態は…収束は見えてきましたがもう少しでしょうかね。年内はのんびりしようと思います。

お帰りー

2018年11月19日 [ 習作, 小地蔵さん] [ ]

立川の展示会へ出していた仏さんたちが帰ってきました。沢山の人に見てもらえたかな。良かったね。
お帰り 瑠璃観音とミニ六地蔵

瑠璃観音はまだ途中なのでこの状態で出しました。あとは下框(かまち)を成形してその足と、光背を作らなくてはなりません。彫刻刀を持てるようになるまでもう少しかかりそうですが。

今回は晴れ姿を見に行けなくて残念でした。このコ達はどんな仏さんたちと出会ったのでしょうか。

始まりました 第25回宗雲仏像彫刻教室展示会

2018年11月15日 [ お知らせ] [ ]

教室の展示会、今日から日曜まで開催中です。私は今回は見に行けないですけど…残念ながら。瑠璃観音と小地蔵さん de 六地蔵が出ておりますので、見ていただけたらうれしいです。

【第25回宗雲仏像彫刻教室展示会】
平成30年11月15日(木)13時 ~11月18日(日)16時まで
16・17日は9時~17時
たましんRISURUホール(立川市市民会館) 東京都立川市錦町3-3-20
入場無料
主催:大和宗雲仏像彫刻研究所
静岡県下田市横川1066-18 電話0558-28-1822

小地蔵さんの冒険 徳島編

2018年11月14日 [ 雑記] [ ]

夫の出張にくっついて小地蔵さんは四国初上陸。阿波踊りしに行ったわけではないようですが何しに行ったんでしょう。

小地蔵さん in 新幹線

ご機嫌ですね


明石海峡を渡る小地蔵さん

明石海峡にテンションUP↑

どうやら徳島県にお泊りしてうどん食べたらしいです。鳴門のうどんでちゅるっと食べるから「なちゅる」という説明がありました。讃岐うどんに比べて柔らかいとか。

なちゅるを食べる小地蔵さん

よかったね

こんな遊びもしたようです(誰と)。この後、一時遭難したと聞きましたが…。

小地蔵さんを探せ

小地蔵さんを探せ

そしてまた海を渡り帰ってきました。楽しかったようです。事故(?)に遭わなくて良かったよ。危険な遊びはしないようにね。

海で記念撮影する小地蔵さん

危ないって

出展します 第25回大和宗雲仏像彫刻教室展示会

今週、東京・立川市で開催される仏像彫刻教室の展示会に瑠璃観音を出します。「小地蔵さんde六地蔵」も一緒に。瑠璃観音はまだ光背や台座を製作途中なのでその途中のまんまを展示します。六地蔵は母が亡くなったらお供に付けるつもりで作ったコたちで、燃やされてしまう前にみんなにも見てもらいたいだろうと思いまして。
白毫の入った瑠璃観音
6地蔵 de 訳あり

今回は個人台を借りて自分の作品だけのスペースに展示されます。いえ、やろうと思っていたわけではないんですが、出展するお仲間に誘われてつい(^^;。もっと大きな作品だったら見栄えもするでしょうけどね。小地蔵さんたちにとっては善きお披露目の場となりそう。

東京の教室を中心に静岡県の教室からも出展され、松久佛所ほどの規模ではないものの、結構な数になると思われます。興味のある方はぜひ。

【第25回宗雲仏像彫刻教室展示会】
平成30年11月15日(木)13時 ~11月18日(日)16時まで
16・17日は9時~17時
たましんRISURUホール(立川市市民会館) 東京都立川市錦町3-3-20
入場無料
主催:大和宗雲仏像彫刻研究所
静岡県下田市横川1066-18 電話0558-28-1822

ふじのくに芸術祭2018

2018年11月11日 [ 雑記] [ ]

仏像彫刻仲間がふじのくに芸術祭に出展し、入選したと聞きまして県立美術館へ見に行ってきました。芸術祭を見て思いました、「やるじゃん、静岡県民」。

心に残ったのは、折り紙を巻いて描いたひまわりと、10代(女子高生かな?)のみずみずしさがあふれる絵画、そして縄だけが描かれた絵。あれれ、絵画ばっかり。仏像彫刻はもちろん美しかったですよ。こんな風に彫れたらいいなぁと思いました。

他にも発見が色々ありました。電車に乗って目的地へ移動するだけの行程でもこの人にはこんな心象が浮かぶのかな、単なる日常の一場面がこの人にはこんな風に感じられるのかな、感じることは自由なんだなと。個性際立つ作品が勢揃いしていました。

絵画、工芸、彫刻、写真と200点近い作品が並びます。2Fでは絵画の大作がずらり。ぜひとも1F・2F両方まわってください。下の画像をクリックするとPDFファイルがダウンロードできます。
ふじのくに芸術祭2018

今度の水曜までで県立美術館での展示は終わりですが年明けに沼津市のイシバシプラザで優秀作品を集めた展示があるそうです。今回の展示に入っていない書道もその時展示されるとのこと。また今週末と来週末で音楽部門の発表会がグランシップにて開催されるようです。

ふじのくに芸術祭2018(第58回静岡県芸術祭)美術部門美術展・写真展
【開催期間】2018年11月3日(土・祝)~11月14日(水)
【開館時間】10:00~17:30(展示室・県民ギャラリーの入室は17:00まで)
※11月12日(月)休館、14日(水)15:00閉室
【会場】静岡県立美術館 展示室1~6、県民ギャラリー
【お問い合わせ】ふじのくに芸術祭事務局(静岡県文化政策課内)
TEL:054-221-2254
FAX:054-221-2827

優秀作品展(美術・写真・書道)
2019年1月16日(水)~21日(月) 10時~20時(最終日は16時まで)
イシバシプラザ4Fホール

ななや

2018年11月9日 [ 雑記] [ ]

藤枝市のお茶屋さんで出している抹茶アイスクリームが大人気とか。東京出店のニュースを聞いたことがありますが先日、京都でも「ななや」を見つけてびっくりしました。仏教美術展会場の京都文化博物館近くにあります。

本店の前を通ることもありますが食べたことはありません。いつ見ても車と人がいっぱい。その混雑を見ただけで近寄りたくないと思ってしまうので。都会の人は並ぶことを厭わないみたいですが田舎でそれって結構珍しい光景です。

そういえば上野ではたくさんの行列を見ましたっけ。飲食店でも美術館でもあっちこっち。本当に街の人って行列平気なんですね。車の渋滞も気にしないみたいだし。人の多い所で暮らしていると混雑に慣れるんでしょうか。

それはさておき、京都ななやの前に行列はありませんでした。宇治茶の産地が近くにあるのに、京都で静岡のお茶製品を食べる必要もないのかな。東京で売れたからといって関西で売れるとは限らないし。でも、あえて難しい場所で店開きしたのかもしれませんね。

以上、地方の地味なお茶屋さんの店が全国展開していてびっくりした話でした。

京都駅への向かい方(案)

2018年11月7日 [ 雑記] [ ]

今年も京都は混んでいました。そして噂に聞く「激混み」なバスに今年は乗りまして、やはりすごーく混んでおりました。清水道から京都駅へ向かうのに、一瞬ためらうほどに。ちなみに去年は地下鉄のみの1日券を買ったのでバスは使っておりません。

帰りのルートをしばし考えました。京都駅の北側・七条口へ向かう道は渋滞するようです。かつ、バスの中もぎゅうぎゅう(バスを待つ人の数がすごい)。とてもじゃないけど乗る気にはなりません。だったら去年と同じく地下鉄で京都駅に入ればいいじゃんって思いまして。

以下は、京都市内の地下鉄・バス1日券を使ったルートです。※他にも乗り降り自由の乗車券はいくつかあります
京都市 地下鉄・バス1日券

清水道からだと、北上して岡崎方面へ向かい地下鉄東山駅で乗り換えるか、南下して地下鉄九条駅(大石橋)で乗り換えればダブルの混雑は回避できます。実際、今回は南下するルートを使いましたが地元の人しか乗らないみたいで、バスも道も快適でした。時刻は午後5時前くらい。南下ルートは京都駅八条口を通るバスもたまにあるみたいです。

八坂神社から西へ向かう四条通でバスを降りて阪急河原町から電車に乗る方法もあります。私は1日券の範囲で考えたので阪急は使いませんでしたが、民営の電車を組み合わせればもっと便利かと。四条通りを進むバスだと、1日券を有効活用するなら地下鉄四条駅まで行って地下鉄に乗ることもできるものの、それだと道が混むと思われます。

いずれにしても京都駅前へは車で乗り入れない方法をおすすめします。間違っても田舎の人は清水方面から京都駅七条口へバスで向かいませんよう。げんなりぐったりすること請け合い。あれに乗るくらいなら、清水からだったら歩いた方が早いかも。3km弱ありますけど。

ところで1日券、便利でしたよ。採算が取れるかどうかより、いちいち支払いをしなくていいのと、バス停1つ分でも気軽に乗り降りできて歩く距離を減らせるのがナイス。結果的にはこまめにバスを使ったおかげで元をしっかり取りましたし、あまり歩くと手が痛むのでその点でも助かりました。

清水三年坂美術館@京都

2018年11月5日 [ 雑記] [ ]

松久佛所の仏教美術展を見に、今年も京都へ。もちろんその美術展も良かったし、会場となった京都文化博物館近くにある京都伝統工芸館も学生さんの力作が結構並んでいてよかったのです。でも今回は三年坂美術館が私にとってはピカイチ☆

HPによると「清水三年坂美術館は幕末、明治の金工、七宝、蒔絵、薩摩焼を常設展示する日本で初めての美術館です。」とのことで、私は象牙彫刻の人形をパンフレットで見て以来行きたいと思っていました。今回はその人形展示はなかったものの、存分に楽しみました。

展示のしょっぱなからのけぞるほど精巧に作られた金属工芸のカマキリやキリギリスが。昆虫って確かに足がギザギザしてるよねぇと思いつつ感嘆。

根付なんて、数ミリの小さな小さな顔にきっちり表情まで彫りこまれているのです。一体どうやって彫ったのだろうと思うほど。肉眼では見えないので持参した単眼鏡が大活躍。ここへ行くなら拡大鏡を持っていきましょう。なくても美術館でレンタルできますから絶対借りてください。

小さくて精巧な細工が好きな人にはたまらないと思います。私は展示のガラスにへばりついて単眼鏡を見続けました。とてもとても面白かった!先日見た高円宮コレクションとはまた違った趣です。

この日、最後は建仁寺の枯山水の庭を見て1時間もボーっと過ごしました。何もないのが好きなのです。庭園も池泉回遊式(よくある日本庭園)より枯山水が好き。できることなら家の中も何もない状態にしたいくらい。いや、それだと生活できないですけどね…。
建仁寺枯山水の庭

拝観した内容はとても面白かったのだけど、京都は人が多く、そのせいか寺社にいてもざわついた空気に覆われているような気がしてどうも落ち着きません。行き先にもよるのでしょうが正直、しんどいなぁと思いました。東京とはまた違う疲れ方なのです。東京も疲れますが神仏の在られる場所に入ればリフレッシュできます。京都で見たいものはあるけどこの環境に長居するのは…。来年どうするかはちょっと悩むところです。

資源は無限ではない

2018年11月1日 [ 雑記] [ ]

今使っている皿がダメになったらリサイクル陶土の品に買い替えようとチェックしていました。が、その商品自体が姿を消してしまいました。

使わなくなった陶器を原料にして新たに器を作る「陶土リサイクル」自体は技術的に可能となったものの、商業的に成り立たなくて今は取り扱いストップしているようなのが非常に残念。

これが日本ではなく欧米であればきっと「素晴らしいアイデア」として消費者に受け入れられたでしょうに。確かに値段は高くなりますけどそれ以上に、持続可能な(サステナブル sustainable )社会を作ることへの価値を認めてもらえると思うのです。ヨーロッパのリサイクルガラス製品が「カッコイイ」と高く売れるように、国産のリサイクル陶土製品も価値に見合った値段で売れるようになってほしいですね。

もう少し技術が進んでリサイクルの費用が抑えられるようになったら普及するかなぁとも思います。日本に陶土が無くなったら海外から土または陶器を輸入して高い買い物をすることになりますし、日本の技術は消えていきます。それに海外の陶土だっていつかは無くなるでしょう。

先日の東京行きで、上野公園にて開催されていた陶器祭りを見ていたらリサイクル陶土の器を1点だけ見つけました。
リサイクル陶土

器のギャラリー 光では陶器のリサイクル活動をされています。「焼き物の土だって無限にあるわけじゃないのだから、このままだといつかは枯渇してしまう」という危機感に私も同感。

焼き物を深く愛するオーナー夫妻はそれを何とかしたくて、質の高い日本の焼き物を未来まで存続させるために陶器のリサイクル活動を始めたのだそうです。単に使わない器を再利用するにとどまらず、割れた物を金継ぎで修理して味わいを深めたり、陶器を原料として新たな焼き物を生み出す試みです。が、先述のような状況で今は器のままの再利用活動のみとなっているようです。

考えてみれば、木は育てられるけれども陶土はできません。今ある土を大切に使い循環させていかなければ、いずれ無くなります。今の大量消費・大量廃棄社会にあっては、その日は遠くないと思われ、実際、既に陶土の枯渇が問題となっている産地もあると聞きます。

木より深刻な陶土の枯渇。物を買うのは慎重に、手にした物は大切に使い切りたいと改めて思います。