制作休止について 詳細

2018年10月18日 [ お知らせ] [ ]

利き手親指の先を痛めました。あ、彫刻とは関係ない家事時の打撲です。折れてはいないみたいですが腫れが引かず強い痛みもあり、その痛みゆえ夜中に目覚めてしまう毎日です。

親指が使えないと物が持てないんですね。物が持てないと仕事どころか生活もままならず。必要最小限の家事だけでもこなそうと無理してあれこれ頑張ったら、他の部分までもが悲鳴を上げました。そしてこんな姿に。
怪我した右手

ちなみに、PCのキーボードを叩くのはあまり支障ありません。が、しかし、マウスの操作が問題ありで、左手を使いタッチパッドで操作しているのですがこれがやりにくくて。通常の5倍ほど時間がかかります。私の右手は働き者だったんだなと改めて思いました。今は左手がすごく頑張ってくれてます。

生活も仕事も「できない事」の方が多い状況になってしまいましたが、その中で、自分が本当にやりたいと思うこと・真に必要なことを選び出す機会も得ました。今まで何とかしようと散々頑張ってきたことなのに「ああ、これはもういいわ」とスッパリ手放せてしまったり。写真を整理する時と同じで、たくさんの中から捨てるものをたくさん選ぶより残すものを少し選び出す方がずっと簡単でした。それができたのは「できない」が前提にあったからです。ん?逆説的?

というわけで当面、細かい作業はできそうにありません。もしかしたら年内いっぱい制作は休むかも。通常のレディメイドの作品は販売していますのでご利用ください。ただし欠品した場合の補充は当分先になりそうです。

ご心配とご迷惑をおかけしますがどうぞご容赦ください。

そうそう、家事での事故だったので「主婦が家事で怪我をしたら労災になりませんかね」と言ったら仏像仲間に大受けでした(笑い)。おばあちゃんの知恵によれば自分の体であっても、さすって「ありがとう」と声をかけると治癒が早まったり動きやすくなったりするのだそうで、右手にも左手にも、ついでに夫(家事をだいぶ肩代わりしてくれている)にもありがとうを伝えています。

トーハクのお気に入り

2018年10月15日 [ 雑記] [ ]

オススメを紹介できるほど東京国立博物館に通ってもいないし詳しくもないんですが、気に入ったコーナーがあったりします。

今回は本館2階の根付・高円宮コレクションが私のピカイチでした。以前、掛川で見た展示も面白かったのですがこちらはさすが宮家の所有物、レベルが違いました。精巧緻密、超絶リアル、愛くるしい、ユーモアたっぷり、言葉にしたらこの4語かなと。これだったら私もコレクションしたい!と思いました。小さすぎて、かつ部屋が暗くて写真が上手く撮れず、魅力を十分に伝えられないのが残念。

根付

まともに撮れたのはカエルだけ

東洋館3階から外へ出られるテラスがお気に入りの場所です。日が暮れてからはそこで静かに風に吹かれて過ごしました。ライトアップされた本館がきれいです。

テラス

暑い時期はきっと最高に気持ち良い


本館ライトアップ

本館ライトアップ

同じく東洋館の3階、中国の陶磁器コーナーもきれいで好き。アジアの占いコーナーも面白いです。2階エジプト美術のコーナーにはエジプトの神様(?)が2体並んでいて本物のミイラもあり、畏怖の念を覚えます。嫌な感じではなく、ただ、異神感満載なので異教徒が触れてはいけない気がするだけですが。そこはそーっと速やかに通り過ぎます。

法隆寺宝物館の正面から見た姿も好きです。水面に映える静かな美しさ。夜は夜でまたきれいです。東洋館と宝物館にはホテルニューオータニのレストランが入っていてコーヒーが結構美味しく、お代わりOKでゆっくりできます。

法隆寺宝物館の夜姿

夜の法隆寺宝物館 幻想的

意外にも気に入ってしまったのは土偶コーナー。平成館1階の考古展示室です。はにわや馬の愛嬌あるどっしりした魅力にやられました。なるほど、はにわにハマる人の感覚が理解できましたわ。
はにわ
土偶

トーハクを全てじっくり見たら1日かかると思います。私は特別展も入れて、好きな所・気になった所だけ重点的にor繰り返し見てそれでも4時間くらい(休憩含む)。黒田記念館には時間不足で未だ行けず。今は金土の夜9時まで開館なんてありがたいことをしていて7時過ぎると人がグンと減ります(通常期間は金曜のみ)。混む時期なんかはいいかもしれません。

仏像の顔いろいろ

2018年10月12日 [ 雑記] [ , ]

一言で仏像と言ってもこんなに違うんですよ、という話。

こちらトーハク東洋館に展示されているアジアの仏像です。まずは仏教発祥の地インドのお隣、パキスタン。ギリシャ彫刻の影響を受けているらしいです。でも、そもそもブッダはインド・ヨーロッパ系民族なんでしょうから(違ったら失礼)、本当にこんな顔立ちだった可能性もあるわけで。

インド系の仏像

パキスタンの菩薩

東へと布教が進みインドシナ・カンボジアのブッダ像。顔立ちがタイとかインドシナの人っぽくなってます。

カンボジアの仏像

カンボジアの仏像 ブッダと父母

北上して中国の仏像。日本の顔とさほど変わらないように見えます。

中国の仏像

中国の仏像

これは今回の大法恩寺展の観音様、13世紀に作られました。この時代の作風が現在の仏像制作において基準となっているようです。

大法恩寺六観音

慶派仏師・定慶作 見慣れた感じ

ところが日本でも時代が違うとこれですよ。7世紀・飛鳥時代の仏さま。トーハク法隆寺宝物館の展示物です。この時代の仏像ってちょっと宇宙人っぽいと思うのは私だけ?

法隆寺の仏像

1300年程前の仏像

美の基準なんて長い時間の流れから見たら一瞬のうつろい。もちろん時間をかけて積み重ねてきた「外せないポイント」というものはありますし、自己顕示欲から基本を無視するのは美しさとは離れていくことだと思います。それを踏まえた上で、自分が「これぞ仏さま」と思えばそれが仏。「これは美しい」と思えばそれが美。そんなことを感じた多様な仏さんたちの姿でした。

注文後制作しばし休みます

2018年10月11日 [ お知らせ] [ ]

指先を負傷したため、彫刻刀をきちんと持てません。申し訳ありませんが注文後制作はしばらく休ませていただきます。既成の作品は通常通り販売しています(欠品補充もしばらく時間がかかります)。
祈りの小地蔵さん

道は選び放題

今回の東京行きでは、小地蔵さんをサロンに置いてくれている友人に会ったり、様々な様式の仏像を見たりして、最近迷っていた事を含め色々と再確認する時間となりました。

答え(選択肢)はひとつじゃない。どれを選んでも決して「間違い」というのは存在せず、自分が納得できる方法を選べばいい。大事なのは、これと決めたらそこへ向かって最善を尽くすこと。いつまでも選択が正しかったのかなんてグズグズ悩んでいたら一歩も前に進めません。

まずは決める、そして行動する。当たり前といえば当たり前、けどなかなかそう思い切れない事でもあります。が、腹をくくるきっかけになりました。

例えば仏像の美について。仏像って、今は鎌倉時代の慶派の築き上げた形状が最も良しとされていて、作る時の基準サイズもそれにならっています。ですが時代と共にその基準は変化し、同じ地蔵菩薩であっても地域や時代が違えば全く違う形状になっていたりします。何を美しいと感じるかは人によっても違います。

だったら自分の感覚に従ってもいいんじゃないかなと思うのです。世間の、時代の定めた基準はそれはそれとして、その上で自分が何を選ぶかは自由。それから、自分が理想と思うやり方と、今の自分に合ったやり方が一致しなくてもいいんだな。

美の基準だけでなく他の色んな事柄も同じように感じました。実は選び放題なんですね。

かの友人とは、思い惑う時期になると会う機会がやってきます。お互い色々話をして自分の中で整理を付けて、また歩き出す、そんな存在。上野で食べたランチが美味しかったー。
上野でランチ

ちなみに東京・門前仲町の陽だまりのしっぽサロンに駐在している派遣部隊の面々は元気そう(?)でしたよ。お神酒を供えてもらっているとのことで「もしかして太ってたら笑える」と思いましたが、そんなこともなく。彼らもどうやら酒好きらしいので「しっかり働かないと次は連れて帰るからね(=お酒も飲めなくなる)」と軽く激励(脅?)しておきました(笑い)。

仏像を感じてみた

2018年10月9日 [ 雑記] [ ]

東京国立博物館の「大法恩寺展」と三井記念美術館の「仏像の姿」展、そしてびわ湖長浜KANNON HOUSEの「竹生島宝厳寺 聖観音立像」、1泊2日で見てきました。

というか最近は、見て技術を勉強するよりとにかく感じてみようと思ってトライしています。気になった展示物はゆっくり何度も時には単眼鏡を使って、それ自体あるいはそれが存在する空間から何を感じ取れるかと。そうでない物はさーっと流します。仏像だけでなくトーハクの常設展示でも同じようにしました。

その結果、疲れないし、すごく満足感があります。頭には入ってないかもしれないけど心に残っている感じ。ずっと前に先生が言われた「心に焼き付けておきなさい」というのはこの事かな。

どこをどう彫ってあるのか、どんな形状になっているのかを見ていくと、数体見ただけでもう疲れてしまうのです。彫り方や形を勉強するならそれがいいと思う一方、展示を複数見たい時にはちょっと考えてしまって。快慶展を見た時には奈良国立博物館だけでもう頭がクラクラしました。

単なる「情報」として取り入れると脳ミソの容量に限界があるんじゃないかな。でも感覚だけにすれば、たくさん見てもプラスのパワーだけをたくさん受け取れるような気がするのです。だから頭を使わないよう説明もあまり見ないようにしてみました。

といってもそんな難しい話じゃなくて、例えばこの仏像の周りは何色に感じるだろうとか、そんな事。去年見た運慶展の四天王に囲まれた空間は漆黒の闇で宇宙の真空だと思ったし、トーハク東洋館にある巨大な大理石(?)の仏像が並ぶ空間は透明に突き抜けて感じました。大法恩寺展の六観音コーナーはハートの薄ピンクっぽいかな。

六観音

大法恩寺展 六観音 1体だけ撮影可

元々理論的で「思考」が好きな私は、こうやって意識的に思考を遮断し感覚優先することによりまず頭で考えてしまう習慣を変えようとしています。感性を磨いていきたいから。

そうそう、どの展示も良かったです。トーハクのが正統派の美(言葉にすると「ほぉ」)とすれば三井のは個性的で遊び心にもあふれ制作者の存在を感じることができ(「くすっ」)、観音ハウスは仏を守る地域の方々の思いまで伝わるような優しい空間(「ふぅー」と力が抜ける)でした。観音ハウスに一緒に行った首都圏在住の友人はすっかり気に入って、「(展示が代わる隔月で)通っちゃうかも♪」と言ってました。

グランシップ 名作映画上映会 2018

2018年10月5日 [ 雑記] [ ]

今年も案内をいただきました。懐かしの名作4本上映。「後世に遺したい名作文学が原作で、昭和の若き女優の競演が印象的な4作品をフィルムで上映」とのことで、福祉事業所によるお菓子、お弁当、関連書籍の販売もあるそうです。

伊豆の踊子

伊豆の踊子 吉永小百合&高橋英樹

グランシップ懐かしの映画会
【上映スケジュール】
■10月20日(土) 10:00開場
10:30~11:57 「稲妻」
13:00~15:10 「にごりえ」
■10月21日(日) 10:00開場
10:30~12:09 「華岡青洲の妻」
13:00~14:27 「伊豆の踊子」
*************************************
【日時】2018年10月20日(土)・21日(日) 10:30~、13:00~
【会場】静岡市駿河区東静岡二丁目3番1号 「グランシップ」中ホール・大地
【料金】全席自由/1日券1,000円、2日通し券・ペア券1,500円、こども・学生500円(未就学児無料)※こども・学生は28歳以下の学生
【プレイガイド】グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000

瑠璃観音 台座作製中

初めてだらけの本体と比べたら慣れた作業の多い台座。まあまあ順調に進んでおります。今回は4段重ねでして、現在上から3段目の上框(かまち)まで進行中。
瑠璃観音 台座と光背用材切り出し
瑠璃観音台座 蓮華座
瑠璃観音台座 蓮華座・返花
瑠璃観音台座 返花
瑠璃観音台座 蓮華座・返花・上框
瑠璃観音台座 蓮華座・返花・上框

かつて6寸地蔵菩薩立像で作った蓮華座と比べたら深く彫れるようになりました。柔らかさはまだ足りない部分があるものの少しずつ上達はしているようで、一安心。

台座 第2作目(左)と第1作目(右)

(左)瑠璃観音用 (右)地蔵菩薩用

框の穴ひとつしか彫れない日でも、「今日という1日を積み重ねるだけ」と思えば気になりません。仏像仲間の皆さん、本当にイイ事言うんですよ。

1日を積み重ねるだけ

2018年10月1日 [ 雑記] [ ]

仏像彫刻仲間で蓮台の花びらを1枚ずつ作って貼り付ける作業をしている方がいます。花びら別作りって難しいのです。

奈良国立博物館に寄付するともらえる冊子

花びら別作りはこんな蓮台

蓮台のカーブと花びらのカーブが合うように作らないといけなくて、それを何十枚も重ねていくのだからズレや歪みも生じてくるわけで、そこを修正しながらの作業となります。

花びら1枚作るだけでも大変な作業なのに、それを何十枚も。気の遠くなるような話です。その作業についてご本人がこんな事を話されてました。

1日1枚でいいから作る。残りはどのくらいかなんて先を考えると嫌になっちゃうから、ただ今日作る花びらを考えるだけ。それを1日1日積み重ねていくだけ。

1日1枚なら花びらだけで1ヶ月以上かかります。わずかに進む今日という1日をただひたすら積み重ねていく。振り返ってみて初めて道ができていると気付くのでしょう。私も先を考えて嫌になっちゃった時にはこの言葉を思い出すとします。

これって禅で言う「今この瞬間を生きる」ってヤツですね。過去でもなく未来でもなく、今この時に意識を集中して丁寧に過ごす。彫りながら座禅組んでるのと同じ状態になっているんだろうなぁと思います。祈りの心あふれるような作品なのですよ。

中古の彫刻刀

2018年9月28日 [ 彫刻用品] [ ]

初めて中古の彫刻刀を買いました。重要な刀はもう揃っているのであとはたまに使う頻度の物が欲しくて。中古なら新品では手に入れにくい商品が買えたりします。手間は余計に必要となりますけども。

今回は丸刀と印刀目当てに。たくさんは要らないから数本単位で出されている物で、新品だとちょっと高めの(切れると定評がある)刀を探して1年くらいチェックしてました。サビが心配だったものの私でも何とかできるくらいの状態で、良かった良かった。

サビ取りは切り出し小刀さんの「錆びた小刀を蘇らせる1」記事を参考にボンドで大体きれいにしてから、残った部分(傷に入り込んでいる様子)は砥いで完全に落としました。

印刀はそのままの形よりなぎなたの形の方が私は使いやすいので、形状変更。向かって左がなぎなた刀、右が印刀。

なぎなた刀と印刀

なぎなた刀と印刀 元は同じ形でした

他方、丸刀は形状を整えるのが難しいです。私は自信ありません。だからできればサビとか歪みはない方がいい。もっと言えば新品ならリスクなし。今回はちょっと冒険でしたが、1本は特別な手入れ不要で普通に砥ぐだけ。もう1本は荒砥が必要だったけれど何とか切れる程度まで持っていけたので後は、使いながら整えていきます(上手く砥げるかドキドキしました)。

荒砥を使ったのは砥ぎ機を買った時以来です。砥ぎ機がうれしくて荒砥で砥いだら下手くそな故にどんどん彫刻刀が短くなっていき、このままでは刀がなくなってしまうと危惧して封印(笑い)しました。今回、丸刀でこの程度整えられればまあまあ良しとしましょう。

そんなこんなで半日以上、費やしました。錆があればそれを落とし、前使用者の癖を排除し、ニュートラルな状態まで持っていくのは手間がかかります。時間の無い人は新品買った方が安いでしょ。でも、ニーズに応じて新品と中古を上手く使い分けられたらいいなと思います。

ついでに今まで使っていた彫刻刀にもミシン油を塗りました。今まで全く付けた事なかったからたまにはいいかと。