英語ページ作成中

2019年1月23日 [ CAT shopのあれこれ] [要素:]

ページの右上方(PCの場合)、「お買物」隣に「ENGLISH」のメニューが入りました。実際の内容はまだチェック中でして、近い将来UPされます。

英文を書いたのなんていつ以来だろう?ましてや長文。センター試験もびっくりの長さですよ。でも今はGoogle先生という強い味方がいますからね。自分の言いたい事を書くのはそんなに困難ではないです。Google翻訳に正しい日本語を入れてやれば(ここ大事。元の日本語がダメだと英語もダメ。主語述語接続詞をきちんと入れて)かなり人間的な英文が表示されます。

ただ、人の書いた英語を読んで理解するのはやっぱり難しい。英語って、代名詞が多くて何を差しているのか分かりづらいし。

なので、そんな英語メールが来ないよう、ジャパニーズイングリッシュのままを掲載予定です。英語圏の人が完璧に修正してくれた流暢な英語が載っていたら「こいつは英語が分かるやつだ」と思われて難しい文章が飛んできちゃうから。

きっかけは米国テキサス出身のEさん。Eさんがテキサスへ遊びに行きたいと言うのを聞いて「私も行きたい」と心底思ったんです。が、老犬を置いて長く出掛けられるか、しばし考えてしまいました。

その時、ふと浮かんだのがこの言葉。
「ネットの先には世界が広がっている」

ああ、そうだったと目が開きました。たとえ自分から外へ行けなくてもそれはもうここにある。ネットの向こうは海外へつながっている。ありがたい時代に生まれました。できないことをできないと悩むより、できる事をする方がずっと意義深い。それが直接やりたかったことでなくても。
それに、できるかどうかなんてその時にならなきゃ分かりません。状況は常に変わるのだから。今悩むだけ無駄です。今は今できる事にエネルギーを使うべし。

販路を広げようなんて思っちゃいません。英語で売買なんてそんな面倒くさいこと。
海外にも小地蔵さん・こまりちゃんで救われる人が1人くらいはいるかもしれない。購入でなくても、私のやりたいことに共感してくれる人がいるかもしれないし、もしかしたらそれでその人の道が何か開けるかもしれない。だったら思いを英語でも掲げてみよう、ただそれだけ。
座布団新色使用例

難しい英語メールが来ちゃったらどうしよう、なんて不安はもちろんあります。でも、起こってもいないことにあれこれ神経すり減らしても何も良くはならないわけで。できることを精一杯ていねいにやってみるのみ。

UPされた暁には一度開いて覗いてやってください。どんだけ頑張ったか(笑い)。ちなみに3週間かけて下書きして、今はEさんにお願いしてチェックしてもらっている最中です。

これからオンラインショップの方も英語を追加していく予定。先は長い。もしかしたら途中で諦めて海外への英語販売はしないかもしれません(日本語での海外発送は今もしています)。まあやってみない事には何とも言えないので、TRYしてみます。「(頭で考えても)分からない時はやってみる」…先輩に教わった言葉ですから。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 試してみたら… 4月 12, 2019 に投稿された
  2. 知ってもらうこと、見てもらうこと 3月 25, 2019 に投稿された
  3. 大井川ひのきの鏡餅 期間限定販売 11月 22, 2016 に投稿された
  4. ショッピングカート変更 カラーミー→FC2 3月 4, 2019 に投稿された
  5. 今年は e-Tax でオンライン確定申告…のはずが 3月 1, 2019 に投稿された