目の見えない鍼(はり)医さん

2018年12月3日 [ 雑記] [ ]

10歳の時、ひどい捻挫をしました。実家の菩提寺が近くにあり、その山門へ登って遊んで、というか高い所から周囲を眺めておりました。高さ2.5mくらい、バスケットゴールと同じくらいの高さ。そのてっぺんに乗るのが好きでした。

そろそろ帰るかと飛び降りた時にスカートがひっかかり、着地のタイミングがずれたのです。それまでも散々飛び降りて平気だったのに、タイミングがずれるとこうなるんですね。捻挫して、痛みのあまり足を着くこともできません。家までどうして帰ったんだろう?覚えてないけど多分、自転車を片足でこいだんだと思います。そういえば学校もどうしたんだっけ?母に子供を送迎する暇なんてなかったはずだから、学校休んだかも。

整形外科へ行くも湿布が出るのみで状況は何も変わらず。そしたら母が鍼医さんへ連れて行ってくれました。

目の見えないおじいさんがやっている鍼医さんで、すごく良く効きました。1回の施術で足を着けるようになり、3回できれいに治りました。すごいなーと感動して以来、鍼には絶対の信頼を置いています。

他にもすごいと思ったのが、お札の判別。手で触るだけでお札の種類が分かるのです。診療室内もぶつかることなく、ゆっくりではありますが確実に移動していきます。このおじいさん、本当は指に目が付いているんじゃないか?と本気で思いました。こっそり見ても付いてなかったけど(笑い)。

目が見えないと他の感覚が鋭くなるのだそうです。だから人体の変化もより敏感に察知できるのかなと思います。

それ以降、お寺の山門から飛び降りるのはやめました。その後も登っていたような気はしますが…。そして大人になっても高い所が好きな私でした。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 9月 10, 2018 に投稿された
  2. 刃物にケガは付き物…か? 8月 2, 2015 に投稿された
  3. 親より先立った子供は天国へ行けない…わけはない 5月 20, 2015 に投稿された
  4. 怪我してみて分かったこと 11月 22, 2018 に投稿された
  5. ケガ時に助けとなった民間療法 11月 28, 2018 に投稿された