手作業へのこだわり

2018年7月20日 [ 雑記] [ ]

同好会にて。皆さん集まってわいわいと「正しき仏像彫刻として許されるのはどの道具使用までか」を話していました。彫刻刀・ノミはいいとして他に、正式な仏像彫刻と認められる使用可能な道具って何だろう、という話題。
のこぎり

今どきの安い仏像のように、3Dプリンターみたいにデータを入れて機械が削り(彫るのではなく削る)最後だけ人間が表面を彫った物を“彫刻”と呼んでいいのだろうかという疑念があります。では、“彫刻”と呼べるにはどういう作り方がいいものか?

実はお寺へ寄贈する光背と台座を作り始めた方がおられまして。お寺には阿弥陀さま本体だけがあるとかで、阿弥陀さまを乗せる台を作ってくれないかとリクエストされて気軽に引き受けたら実は予想よりだいぶ大きな像だったそうで、「えらい大仕事だ」と笑っていました。

その荒彫りがものすごい作業量なのです。それを手作業でやっていました。ちょうど私が電動彫刻刀を持って来ていたもので「使いますか?」と聞いたところ、自分の手で全部やりたいとのこと。お寺へ寄贈する物だけに思い入れが深いのですね。だから「正式な」にこだわったわけです。それに続き、上記のような話題へ。

結果としては、電動でない道具がベターでは、というところでまとまったようです。そもそも大物仏師は台座を作らない、本体しか作らないから、って。本体以外は弟子が作ったりするし、荒彫りが要らないくらいまで木地師がろくろで挽いて形作ってくれます。

整った形だけ欲しいのであれば3Dプリンターでも何でもいいと思います。例えば仏像のフィギュアなど。良いとか悪いとかでなく、何を重視するかの違い。思いを込めて彫る人がこだわるのは「過程」の重視。もちろん最終的な形である「結果」も気にしますが、それが祈りの対象となる物である以上、そこに至るまでの過程のひとつひとつをできる限り自力で丁寧にこなしたいのです。

小地蔵さん・小毬ちゃんを作るにあたり、私もそれは同じです。腱鞘炎を起こしやすい体質のため堅い木口の荒彫りには電動彫刻刀を少々使いますが、用材の仕入れ・切り出しから全て自分でやっています。
木取りの状態

先輩の寄贈する台座光背は、プロに作ってもらったら何十万円かかるかという大作です。用材だけでもびっくりする値段でした。でも、きっと素晴らしい作品に仕上がると思います。その想いの深さが伝わってきて心洗われるひと時でした。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 9月 10, 2018 に投稿された
  2. 刃物にケガは付き物…か? 8月 2, 2015 に投稿された
  3. 仏像ハンコ 2月 12, 2017 に投稿された
  4. 豆炭あんか 2月 2, 2018 に投稿された
  5. 蓮弁パスケース 限定色 9月 19, 2018 に投稿された