らほつニットキャップ

2016年9月14日 [ 雑記] [ ]

仏像彫刻仲間が面白い物を教えてくれました。それがフェリシモの「お寺部」(←これもすごいな)らほつニットキャップ。らほつ(らはつ・螺髪)というのはお釈迦様の頭ですね。あのパンチパーマみたいな。巻いた長い髪なのですが。あれにも仏教的な意味があるそうです。

らはつを見ると 聖☆おにいさん を思い出して思わずにやけてしまいます。あの巻き毛を解く場面があるのですよ。それがおかしくて。

さてこのニットキャップですが、福耳まで付いた凝った作りです。これを商品として開発したその度胸が素晴らしい(笑い)。好評で売り切れというのも素晴らしい。

らほつニットキャップ

東京国立博物館との限定コラボカラー

最近はそのお仲間の娘さんが仏像・仏教関連のグッズをお土産に買ってきてくれたりするそうです。このニットキャップも娘さんが教えてくれたとか。この前は消しゴムハンコで作った般若心経のミニ巻物を見せてくれ、小さいのにきっちりした文字が刷られていて驚きました。仏像関連雑貨は細部まで凝った作りの物が多いです。

リンク先のニットキャップページ、ぜひご覧ください。きっと良い1日になりそうな気がします(笑い)。

関連のありそうな記事

同カテゴリでよく読まれている記事

  1. 金継ぎ講座@静岡市 9月 10, 2018 に投稿された
  2. 刃物にケガは付き物…か? 8月 2, 2015 に投稿された
  3. 仏像ハンコ 2月 12, 2017 に投稿された
  4. 豆炭あんか 2月 2, 2018 に投稿された
  5. 蓮弁パスケース 限定色 9月 19, 2018 に投稿された